コンソナ、保険業界向け/保守メンテナンス向けのCRMを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンソナ、保険業界向け/保守メンテナンス向けのCRMを発売


掲載日:2008/11/14


News

 コンソナ・ジャパン株式会社は、同社のCRM製品スイート「ONYX Adaptive CRM」の導入期間短縮を図るため、保険業界向けのCRMソリューションと、保守メンテナンスビジネス向けソリューション「ONYXフィールドサービスソリューション」を、発売した。価格は、800万円からとなっている。

 今回発売された保険業界向けCRMソリューションは、契約者/代理店/ホールセラーなど様々な保険業界のアイデアを包含し、業界に通じた同社製品コンサルタントが業務/ITの両面から導入を支援する。保険証券を中心に構造化された情報を顧客中心で利用/参照可能とすることで、複数契約にわたる情報の一括参照/変更を可能とする。

 プロスペクト(見込み客)からの資料請求/問い合わせを管理することで、傾向分析や、問い合わせのフォローアップを可能とする。また、代理店からコールセンタへの問い合わせを、内容に応じてリアルタイムで営業担当者と情報共有できるほか、苦情発生時のコンプライアンス部へのエスカレーションなど、部門を越えた顧客情報の共有を可能とする。苦情管理の仕組みも備え、通常の問い合わせから苦情に発展するようなケースへの対応を可能としている。協会団体の苦情分類により苦情案件を管理でき、その報告帳票も自動的に作成することができる。

 「ONYXフィールドサービスソリューション」は、コールセンタやフィールドサービス、営業、製品開発/製造部門、リペアセンタの業務プロセスを統合できるソリューション。すべての機器情報や過去のサービス履歴が顧客に関連付けられて管理されることで、顧客視点でのサービス提供が可能となり、顧客満足度の向上を図ることができる。機器に対しても、メンテナンス履歴/保守契約履歴などを関連付けることで、トレーサビリティを確保することができる。

 フィールドエンジニアの稼働時間やスキル、顧客の緊急性を加味した上で、修理タスクをエンジニアに割り当てることができる。スケジュールの管理は各種グループウェアと連携でき、様々な社内イベントとの競合を避けることができる。携帯電話や無線デバイスからのアクセスも可能となっている。また、“ONYX BI”により、顧客/製品/部門の様々な要素を組み合わせたインサイト(洞察)を持つことができ、問題の体系化やコストの分析、業務のボトルネックの発見、製品開発/製造部門へのフィードバックを可能とする。


出荷日・発売日 2008年11月11日 発売
価格 800万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024217


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ