エプソンダイレクト、15.4インチワイド液晶のノートPCなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソンダイレクト、15.4インチワイド液晶のノートPCなどを発売


掲載日:2008/11/11


News

 エプソンダイレクト株式会社は、コストパフォーマンスに優れたSiSM672FX+SiS968チップセットを採用したノートPC「Endeavor NJ2150」と、Windows XP Home Edition SP3を搭載したノートPC「Endeavor CM2150」の受注を、開始した。

 「Endeavor NJ2150」は、15.4インチ液晶を備え、解像度はWXGA+(1440×900ドット)とWXGA(1280×800ドット)の2種類から選択できるBTO(Built To Order)対応のノートPC。画面サイズをワイドから4:3に容易に切り替えることができ、プロジェクタなどの4:3表示状態を事前にPC画面上で確認することができる。CPUはCeleronプロセッサやCore2 Duoプロセッサから選択できるほか、OSはWindows Vistaの4種類のエディションに加え、Windows XP Professionalへのダウングレードにも対応することができる。

 ネットワーク機能には10/100/1000BASE-T対応LANを標準搭載しているほか、オプションでインテルのIEEE802.11a/b/g/n準拠無線LAN「WiFi Link 4965AGN」を内蔵することもできる。また、USBを右側面と背面で計4ポート搭載しているほか、メモリカードスロットは1スロットで3種類のメディアに対応する。IEEE1394やディスプレイ外部出力端子に加え、PCカードスロットも標準搭載しており、ネットワークカードやディスプレイなど既存の資産を有効利用することができる。本体色は、ダークメタリック/ブラックとパールホワイトの2種類が用意されている。

 「Endeavor CM2150」は、「Endeavor NJ2150」をベースにOSにWindows XP Home Edition SP3(DSP版)を搭載したモデル。BTOオプションから用途に適した構成を選択でき、様々なWindows XP環境に対応することができる。

 また同社は、デスクトップPC「Endeavor Pro4500」のOSラインアップに3種類の64ビット版Windowsを、追加した。今回追加されたのは、Windows Vista Ultimate x64bit SP1 正規版と、Windows Vista Business x64bit SP1 正規版、Windows Vista Business x64 SP1 正規版(Windows XP Professionalへのダウングレード権付き)で、これにより、搭載可能なメモリ容量は最大8GBとなった。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024177


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ