TCB、プリンタのトナー/インクを節約するソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TCB、プリンタのトナー/インクを節約するソフトの新版を出荷


掲載日:2008/11/11


News

 TCBテクノロジーズ株式会社は、プリンタのトナー/インクの使用量を節約するソフトウェアをバージョンアップし、企業での管理/運用面の使い勝手を向上させた「Toner Cutter Ver.2.2」を、出荷した。価格は、5〜49ユーザの場合でライセンス単価6800円、500〜999ユーザの場合で5600円などとなっている。

 「Toner Cutter Ver.2.2」は、各種Windows PCで利用でき、Windows Vistaにも対応したソフトウェア。レーザー/インクジェットなど各プリンタに最適化されたアルゴリズムにより、トナー/インクを節約しながら品位に優れた印刷を可能とする。プリンタドライバ非依存のため、様々なベンダ/機種が混在する既存のプリンタ環境に導入できるほか、通常の印刷処理とほぼ同等の時間で印刷でき、節約処理のために待たされることを回避することができる。また、トナー/インクの節約率を1%刻みで75%まで設定できるほか、節約率とプリンタの選択パターンを100件まで登録でき、印刷時にタスクトレイ上のアイコンから容易に設定を切り替えることができる。

 今回のバージョンでは、“カラー透かし”を挿入して印刷することができる。自由に文言を作成して書式/フォント/サイズ/位置などを設定できるほか、透かしのプレビューも可能で、複数のカラー透かしを挿入することもできる。また、特定のアプリケーションに対してインク/トナー節約や透かしを有効/無効にでき、図面/写真を印刷するアプリケーションの場合に節約や透かしを無効にするといった設定が可能となっている。

 印刷履歴として、印刷日時やページ数、インク/トナー節約率、ドキュメント名、コンピュータ名、プリンタ名、ユーザ名を保存でき、CSV(カンマ区切り)形式での保存も可能となっている。設定のインポート/エクスポートも可能で、設定内容をファイルとして保存することや、保存した節約率などの設定内容を他のPCで利用することができる。また、用紙の印刷可能領域外に印刷するWindowsアプリケーション使用時も、領域外までインク/トナーの節約が可能となっている。


出荷日・発売日 2008年11月10日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024165


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ