ヴィビット、使い勝手と利便性を向上させたCMSの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴィビット、使い勝手と利便性を向上させたCMSの新版を発売


掲載日:2008/11/10


News

 ヴィビットインタラクティヴ株式会社は、公開ページと同様のページを見ながらそのまま更新するような操作で容易/直感的にページを作成/更新できるCMS(Contents Management System)「vibit CMS」をバージョンアップし、使い勝手と利便性を向上させた「vibit CMS 3.0」を、11月11日より正式発売する。

 「vibit CMS」は、ASP形式で、導入やメンテナンスのコストを抑えることができるCMS。サイト全体を管理するツリー編集画面にFlashを採用し、マウス操作でページの追加や削除、テンプレート設定が可能となっている。また、ページごと/ブロック記事ごとに、公開日時の予約や、編集/追加/削除/公開のアクセス権限を設定でき、部署/職務レベルごとにアクセスを制限し管理することができる。

 Web標準規格に対応したHTMLをテンプレートに採用しているほか、メタタグやタイトルタグも直接編集でき、SEO(検索エンジン最適化)対策を支援する。ページ単位でRSSフィードを作成することができる。また、既存のWebサイトにも導入でき、同社のコーディネータが導入を支援するほか、モバイルサイトも作成/管理することができる。

 今回のバージョンでは、ニュースやお知らせなどの記事本文ページを作成することで、関連ページやトップページに自動的にインデックスを生成することができる。更新の際は、インデックス元のページの修正が関連ページへ自動的に反映される。また、Webサイトで参照するPDFや画像ファイルなどをボタン操作で容易にアップロードでき、アップロード済のファイルは、ファイルタイプや登録順に並べ替えできるほか、リンクの設定をプルダウンメニュー操作で行なうことができる。サイトマップ自動生成機能も追加された。

 ページに表示する画像を登録する際、サイズ指定により自動的にサムネールを生成することができる。サムネール画像をクリックすると元の画像サイズで拡大画像をページ上にロールオーバー表示することができる。また、同社開発の「会員管理DBシステム」や「キーワード検索システム」などのWebアプリケーションシステムパッケージとの連携も強化された。

 1人で管理する小規模サイト向けの「ライト」と複数ユーザで管理する中規模向けの「スタンダード」、サーバインストール型プラン「エンタープライズ」が用意されている。大規模向けの「アドバンス」も2009年1月にリリースされる予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024154


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ