NRI、ID情報の活用を多角的に支援するソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、ID情報の活用を多角的に支援するソリューションを発売


掲載日:2008/11/07


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、企業が保有するアイデンティティ情報(ID情報)の活用を多角的に支援するID管理ソリューション「Uni-ID」を、発売した。

 「Uni-ID」は、IDを発行しID情報を管理している企業間で、IDの認証/相互連携を安全/スムーズに行なうことを支援するソリューション。ベース技術には、OpenID(米シックス・アパートが開発した、共通のユーザIDを複数のWebサービスで使用可能とする技術)やSAML(インターネット上でID/パスワードなどを交換するためのXML仕様)を採用している。

 既存認証システムが採用している、LDAP(IPネットワークでディレクトリDBにアクセスするためのプロトコル)やActive Directory(マイクロソフトが開発したディレクトリサービスシステム)といった規格にも対応しているため、SSO(シングルサインオン:一度の認証により複数のリソースを利用可能とする認証機能)やSaaS(Software as a Service)活用など、企業内/企業間の連携にも活用することができる。また、これらのデファクトスタンダード(事実上の標準)技術を採用することで、企業活用を超えた様々なサイトやサービスとの連携や利用者の取り込みが容易となる。

 これらにより、企業はID情報の維持管理の負担を軽減できるほか、信頼性に優れたID情報を広く活用することができる。利用者は、サービス利用の際に手間が省けるなど、快適なネットサービスの利用が可能となる。なおサービス提供形態については、事業者のニーズに合わせ、ASPサービスでの提供や、コンサルティングを含むプロフェッショナルサービス(システム化計画から設計/開発/テスト/運用までをカバーするサービス)の提供も可能となっている。


出荷日・発売日 2008年11月5日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 NeoFace Monitor 【NEC】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024144


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ