ラリタン・ジャパン、中小向けのCat5 UTP接続KVMスイッチを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラリタン・ジャパン、中小向けのCat5 UTP接続KVMスイッチを発売


掲載日:2008/11/07


News

 ラリタン・ジャパン株式会社は、配線が容易で廉価なCat5 UTP(カテゴリー5の非シールドより対線)ケーブルによる接続方式を採用した中小規模システム向けアナログKVMスイッチ「MasterConsole CAT」を、発売した。

 「MasterConsole CAT」では、8台/16台までのサーバを同時に2人のユーザが制御できるKVMスイッチ「MCCAT28」/「MCCAT216」と、リモートアクセス用ユーザステーション「MCCAT-UST」が用意されている。ラック内環境に合わせてケーブルの長さを自由に調節できるため、柔軟なシステム構築が可能となっている。また、カスケード接続(多段接続)により、最大256台のサーバ制御に対応することができる。

 KVM信号をエミュレーションするCIM(コンピュータインターフェースモジュール)技術により、稼働中のサーバを停止せずにサーバを追加/取り外しすることができる。優れたビデオ画質を備えており、通常の構成では最大30mの距離で1600×1200ドット(60Hz)、カスケード接続した場合は45mで1280×1024ドットでの表示が可能となっている。

 リモートユーザ用の管理コンソールを、構成により45mまで離して設置できるため、IT管理者はサーバルームに入らずにサーバにアクセスし、メンテナンスやトラブルシューティングを行なうことができ、サーバルームへの入退室を削減して優れたセキュリティを確保できるほか、ダウンタイムの軽減とコストパフォーマンスに優れた運用管理を支援する。なお価格は、「MCCAT28」が16万5000円、「MCCAT216」が18万5000円、「MCCAT-UST」が4万5000円となっている。


出荷日・発売日 2008年11月1日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024135


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ