テックリンク、スパム対策機器にCloudmarkソリューションを統合

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テックリンク、スパム対策機器にCloudmarkソリューションを統合


掲載日:2008/11/06


News

 有限会社テックリンクは、POP3対応アンチスパムアプライアンス「SPAM SHOOTER」に、処理速度と検出精度に優れたCloudmark,Inc.のメッセージングセキュリティソリューション「Cloudmark Authority」を統合すると、発表した。

 「SPAM SHOOTER」は、スパムメール検知/隔離機能と正常なメールの保存機能を搭載し、既存のネットワークへ容易に導入/設置できるPOP型スパムメール遮断アプライアンス。今回統合される「Cloudmark Authority」は、スパム/フィッシング/ウイルスメールを含む様々なメッセージングの脅威と攻撃に対し、送受信の双方での保護を可能とする。

 新たなスパムメールを迅速/自動的に検出するメッセージングセキュリティ技術“Advanced Message Fingerprinting”を採用し、200ヵ国以上のユーザで形成されるネットワークコミュニティ“Global Threat Network”から寄せられるリアルタイムフィードバックによりスパム情報が更新され、スパム判別ルールの作成/管理作業が不要となる。また、98パーセント以上の精度でスパムメールを検知でき、誤判定を抑えることができるほか、CPUやサーバ、リソースの低コスト化も図ることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

サイトアンパイア 【アルプス システム インテグレーション+他】 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? 【アカマイ・テクノロジーズ】 DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 【アカマイ・テクノロジーズ】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 InterSafe MobileSecurity/InterSafe MobileSecurity Lite 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
ルータ一体型のURLフィルタリングサービス。ルータでの一括設定/管理で、運用の手間やコストを削減。簡単な設定と分かりやすいカテゴリで中小規模オフィスに最適。 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏えいを防止
スマートデバイスのWeb閲覧やアプリ利用、社内アクセスを一括制御するセキュリティサービス。専用アプリ不要でSafariやAndroid標準ブラウザが使え既存システムに影響なし。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024129


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ