MDIT、RFIDで紙文書の持ち出しを監視するソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MDIT、RFIDで紙文書の持ち出しを監視するソリューションを発売


掲載日:2008/11/05


News

 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(MDIT)は、RFIDタグを利用し、企業内に紙で保管されている重要文書の持ち出しを監視するソリューション「LogAuditor TagGate」を、11月15日より発売する。

 「LogAuditor TagGate」は、UHF帯RFIDを利用して、紙文書の保管庫への持ち込みや存在(棚卸)、廃棄を管理し、持ち出しを監視するソフトウェア。ICタグを持ち出し物に貼付しておくことで、複数文書を持ち出す際も出入口の読み取り装置にタグをかざすことは不要で、ゲートを通過することで持ち出しを検知することができる。また、文書の棚卸の際、ICタグを一括で読み取ることで作業を効率化でき、見落としやチェック漏れを軽減することができる。

 棚卸/廃棄などの取り扱いや、貸し出し/返却の手続き、持ち出し検知(正常/不正)などの事象は、履歴として管理し、随時検索/参照することができる。行方不明や不正持ち出しが見つかった場合に、ログを検索して追跡することができる。これらにより、重要文書の管理ミスや紛失による情報漏洩を防止でき、問題発生時に履歴を追跡することができる。なお価格は、630万円(税込)で、使用時には別途各種ハードウェアが必要となる。


出荷日・発売日 2008年11月15日 発売
価格 630万円(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 高まるID/アクセス管理の重要性、ハイブリッドクラウド環境に適したIAMとは? 【F5ネットワークスジャパン】 ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 【Commvault Systems Japan】 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
脅威分析で自動的にリスク緩和、特権アクセスを守る4ステップ クラウドサービス普及でリスク増大、ID/アクセス管理の最適解は これまで手作業で行ってきたID棚卸の自動化を実現。 クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024104


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ