OSK、中堅/中小企業向けERPシステムのIBM DB2対応版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OSK、中堅/中小企業向けERPシステムのIBM DB2対応版を出荷


掲載日:2008/11/05


News

 株式会社OSKは、中堅/中小企業向けERPシステム「SMILE BS」で、日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)のDBソフトウェア「IBM DB2」対応版を、日本IBMの協力のもと開発し、11月17日より出荷する。

 「SMILE BS」は、「販売」/「会計」/「人事給与」の3つのパッケージを提供するERPシステム。自由帳票作成機能や、経営者を支援するための“概況報告”/“データ分析”を基本機能として備え、中堅/中小企業の経営戦略実行を支援する。利用者を個人やグループ単位で細かく制限し操作ログを保管するといった、内部統制に対応する情報セキュリティ機能も備えている。また、リッチクライアント技術の採用により、利用者のストレスを抑えた環境で運用することができる。

 「IBM DB2」は、レプリケーション(複製)やワークロード(負荷)管理などの基本機能に加え、きめ細かいレベルのデータアクセス制限などのセキュリティを可能とするDBソフトウェア。大量データ処理でのパフォーマンスとアクセス速度に優れているほか、小規模のPCユーザから数千以上の大規模ユーザに対応できる柔軟性を備えている。最初は小規模なパイロットシステムから始め、その後段階的な拡張に対応できるなど、ユーザの成長に合わせたシステムプランを可能とする。

 今回出荷される製品は、従業員数が100名から1000名程度までの規模の企業に対応しており、「SMILE BS」の機能と「IBM DB2」の特徴を組み合わせることで、中堅/中小企業のための柔軟性/拡張性に優れた基幹業務システムの構築を可能とする。なお価格は、「LAN 2クライアント版」の「販売」が136万5000円から、「会計」が84万円から、「人事給与」が126万円から(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2008年11月17日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 ITエンジニアスキル可視化システム HackerEarth Recruit 【ウェブスタッフ】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 5つのタイプから導く 過重労働解消法 【オービックビジネスコンサルタント】 シフト管理システム 「シフオプ」 【リクルートジョブズ】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 企業のITエンジニア採用を支援するサービス。ITエンジニアのスキルを可視化し、採用担当者の負担軽減、ミスのない採用を支援する。選考にかかるコストの削減にも貢献。 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法 各店舗で運用されている「シフト」を可視化することで、管理にかかる時間を大幅に削減。短時間シフトの活用やスタッフの最適配置などを可能にするシフト管理システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024103


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ