富士通、特許分析サービスを外国特許や学術文献の分析に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、特許分析サービスを外国特許や学術文献の分析に対応


掲載日:2008/11/04


News

 富士通株式会社は、特許分析サービス「ATMS/Analyzer」を、新たに外国特許や学術文献の分析に対応させ、提供を開始した。

 「ATMS/Analyzer」は、国内特許データを同社データセンタで変換する従来の「DB作成利用サービス」に加え、新たに、外国特許や学術文献データを調査テーマで整理された分析DBに変換してユーザに提供する「代行検索調査サービス」で構成されている。また、ユーザが利用するクライアントソフトウェアとして、作成された分析DBを利用して特許取得状況の関連をマップとして表示する「ATMS/AnalyzerV1.1」が提供される。

 分析DBの作成では、株式会社富士通研究所が開発した英文対応のテキストマイニング技術(文章を解析して重要キーワードを抽出し、集計/自動分類/可視化を行なう技術)を適用することで、技術用語(技術の発展にともなって次々と生み出される専門用語)や課題キーワード(技術課題を表す重要キーワード)を、英語の技術情報から自動抽出することができる。これにより、分析対象が3000万件を超える外国特許(米国特許/欧州特許/国際出願特許)と数千万件の学術文献まで拡大された。また、特許や学術文献から抽出された企業名/技術分類/技術用語/課題キーワードなどの関連性をネットワーク図として可視化できるため、大量情報の全体俯瞰/トレンド分析/企業比較を効率的に行なうことができる。

 これらにより、国内外の特許や学術文献の特許分析を容易/迅速に実施でき、事業/研究開発/知財などの戦略立案に活用することができる。また、分析結果であるグラフや図により、海外の技術傾向を把握することを可能とし、海外進出における特許侵害リスクの評価や、海外技術提携企業の選定などを支援することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024085


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ