ラティス、3Dデータの設計前後の差分を検出する製品などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラティス、3Dデータの設計前後の差分を検出する製品などを発売


掲載日:2008/10/31


News

 ラティス・テクノロジー株式会社は、3Dデータ編集ソフトウェア「XVL Studio」シリーズのオプションで、設計前後の差分を検出する「差分検出オプション」を、発売した。価格は、60万円となっている。

 「XVL Studio」シリーズは、XVL形式(同社が提唱するXMLベースの軽量3D表現形式)のファイルを用いて、設計データの検証や、アニメーションの定義、属性情報の付加などのデータ編集が可能な3D閲覧ソフトウェア。今回発売された「差分検出オプション」を搭載することで、XVL形式の設計変更前後の3Dデータを重ね合わせ、2つのデータの差分を検出することができる。検出した差分を、その大きさにより色別に表示した3Dカラーマップモデルで表示することができる。

 差分が発生している部分を自動的にリスト化して表示することができる。差分リストでは、差分の大きさを数値で確認でき、リストをクリックすることで、3Dデータ上でどこに差分が発生しているかを分かりやすく把握することができる。差分リストは、差分部分の画像を加えて、Excel形式で出力し、関係者間で情報共有することもできる。

 既に発売している「イラスト作成オプション」も機能強化され、曲線部分を折れ線ではなく曲線として出力する機能が搭載された。イラストの品質も向上し、イラスト出力までの時間も短縮されている。なお「イラスト作成オプション」の価格は、20万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024077


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ