EMCジャパン、VMware仮想化環境の情報インフラ管理ソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、VMware仮想化環境の情報インフラ管理ソフトを提供


掲載日:2008/10/30


News

 EMCジャパン株式会社は、VMware仮想化環境で、リソース管理の最適化やデータ保護の自動化などを可能とする情報インフラ管理ソフトウェア製品群「EMC Application Discovery Manager(ADM)6.0」/「EMC ControlCenter 6.1」/「Replication Manager 5.1」の提供を、開始した。

 「ADM」は、情報インフラ内のアプリケーションを自動検出し、すべてのアプリケーション/ストレージ/サーバ/IPネットワークなどのリソースとそれらの依存関係を特定するソフトウェア。今回提供される「ADM6.0」では、アプリケーションをサポートする仮想マシンと、VMware環境内の物理的なITインフラ間の依存関係も特定可能となった。

 「ControlCenter」は、大規模で複雑な物理インフラや仮想インフラでの検出/監視/レポート作成/プランニング/プロビジョニングなどのタスクを効率化/自動化できるSRM(ストレージリソース管理)ソフトウェア。今回のバージョンでは、シンプロビジョニング(物理容量以上のサイズの容量割り当てを可能とする機能)をエンタープライズクラスで装備するソリューション「『EMC Symmetrix』仮想プロビジョニング」に関するサポートが追加されたほか、仮想プロビジョニングを実行したストレージに関する機能も拡充された。これにより、VMwareとシンプロビジョニングストレージ環境でのエンドツーエンドの可視化と管理も可能となった。

 「Replication Manager」は、単一の管理コンソールを使用し、データレプリケーション(複製)プロセス全体を調整するデータ保護ソフトウェア。今回の新バージョンでは、複製された情報の管理と、物理/仮想環境での完全なリカバリを行なうことが可能となった。これにより、企業はVMware環境でのバックアップとリカバリを、即座に、簡素な操作で実行することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 【arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】 徹底調査:今後3年で中小企業のデータ管理体制はどう変わる? 【ベリタステクノロジーズ】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。 【ITキーマン 906人に聞いた!】今やるべき”データ保護”とは 日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024056


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ