日本HP、BTOソフトウェア製品群をSaaSモデルで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、BTOソフトウェア製品群をSaaSモデルで提供


掲載日:2008/10/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、企業のIT戦略/開発/運用を支援するBTO(ビジネステクノロジの最適化)ソフトウェア製品群「HP Software」で、SaaS(Software as a Service)モデルでソフトウェアを提供する「HP SaaS」の提供を、開始した。

 「HP SaaS」では、1年単位でソフトウェアを利用できる“SaaSタームバンドル”モデルと、ユーザが所有するライセンスを同社が預かり運用管理を行なう“SaaSサービス”モデルが用意されている。いずれもユーザのデータを同社のデータセンタで管理し、24時間の可用性とサポートを提供するほか、専任のテクニカルアカウントマネージャによる教育サポートやベストプラクティスの提供、知識移転が行なわれる。これらにより、企業は迅速/柔軟なITライフサイクル管理環境の導入やコストの削減などを図ることができる。

 ストレージやDBなどの設備管理から、ソフトウェアのアップグレードやシステムのバックアップ、セキュリティの確保まで、すべてを同社が実施することで、ユーザは導入工程を短縮できるほか、初期コスト/運用コストを削減することができる。また、同社がアプリケーションのパフォーマンス/可用性を保証し、利用レベルに応じた拡張性を確保するため、運用管理に使用していたITリソースを企業戦略の推進に投入でき、ビジネスの最適化を図ることができる。SaaSからユーザ社内での運用への切り替えにも対応する。

 今回、性能検証ソリューション「HP Performance Center」と、アプリケーションの性能と可用性を管理する「HP Business Availability Center(BAC)」の提供が開始された。2009年前半には、IT戦略を支援するポートフォリオ分析とプロジェクト管理を行なう「HP Project and Portfolio Management Center」や、アプリケーション開発時の品質管理を行なう「HP Quality Center」、ITILベースのITサービス管理を行なう「HP Service Management Center」が提供される予定で、その他ソフトウェアについても順次展開が予定されている。

 なお、ライセンス参考価格は、「SaaS for BAC」の10トランザクションの場合、“SaaSサービスモデル”が192万円から(1年のSaaSサービス、製品ライセンス/メンテナンスサポート別)、“SaaSタームバンドル”が403万2000円から(1年のタームラインセンス、1年のSaaSサービス、サポートを含む)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】 IT投資コストの最適化、オンプレミスで従量制のリソース調達を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス 【日本マイクロソフト株式会社】 ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは 【デル】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) IT投資コストの最適化、オンプレミスで従量制のリソース調達を実現するには? ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024052


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ