コンピュータダイナミックス、LTO4 SAS搭載テープライブラリ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンピュータダイナミックス、LTO4 SAS搭載テープライブラリ発売


掲載日:2008/10/29


News

 コンピュータダイナミックス株式会社は、米オーバーランドストレージのテープライブラリ装置「ARCvault」シリーズで、LTO(Linear Tape-Open)第4世代の規格“LTO Ultrium 4”に対応し、3GbpsのSAS(Serial Attached SCSI)インターフェースを装備したモデルを、発売した。

 今回発売されたLTO4 SAS搭載モデルでは、12スロットでドライブ搭載数最大1台の「ARCvault 12」と、24スロット/最大2台の「ARCvault 24」、48スロット/最大4台の「ARCvault 48」が用意されている。LTO4ドライブに対応したことで、ライブラリあたりの容量(圧縮時)は「ARCvault 12」で19.2TB、「ARCvault 24」で38.4TB、「ARCvault 48」で76.8TBを達成している。ライブラリあたりの最大データ転送速度(圧縮時)は、「ARCvault 12」で毎時864GB、「ARCvault 24」で毎時1728GB、「ARCvault 48」で毎時3456GBを達成している。

 1世代前(LTO-3)までの書き込みと、2世代前までの読み取りに対応しているほか、ハードウェアで256ビットのAES(Advanced Encryption Standard)を用いたデータ暗号化機能やデータレートマッチング機能(ホストの転送速度に対してテープドライブの読み書き速度を動的/連続的に適応させる機能)を備え、企業の重要なデータを保存するためのセキュリテイや信頼性を提供する。なお価格は、ドライブ1台搭載モデルで、「ARCvault 12」が139万円、「ARCvault 24」が145万円、「ARCvault 48」が194万円となっている。

 また同社は、LTO4 SAS搭載モデルに加え、LTO4 ultra320 SCSI搭載モデルとLTO4 4Gbps FC(ファイバチャネル)モデルも、発売した。LTO4 ultra320 SCSI搭載モデルは「ARCvault 12/24/48」に対応し、LTO4 4Gbps FCモデルは「ARCvault 24/48」に対応している。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テープストレージ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テープストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024037


IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ