LogLogic Japan、統合ログ管理アプライアンス2モデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


LogLogic Japan、統合ログ管理アプライアンス2モデルを出荷


掲載日:2008/10/28


News

 LogLogic Japan株式会社は、様々なデバイス/OS/アプリケーションからのログデータの収集と蓄積を1台でカバーする中規模向け統合ログ管理アプライアンス「LogLogic 4.4i MX2010 日本語版」と、Windowsサーバのログをエージェント(常駐ソフトウェア)不要で収集/管理可能なゲートウェイアプライアンス「LogLogic LG400」を、兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)を通じて出荷した。

 「MX2010」は、統合ログ管理エンジン“LogLogic 4.4i”と、1年分のログを保管可能な2TBのオンボードストレージを搭載したアプライアンス。PCI-DSS(クレジットカード業界の国際情報セキュリティ基準)/SOX/ITILなどのコンプライアンススイートを標準搭載し、それぞれカスタマイズ可能な100以上のアラートやレポートが含まれており、ID/アクセス管理や変更管理、セキュリティ管理、事業継続性、ITパフォーマンス管理に1台で対応することができる。

 クレジットカード取引を扱う小売業者向けの「PCIアプライアンス」と、地域の病院や医療組織向けの「HIPAAアプライアンス」(HIPAA:医療保険の携行性と責任に関するアメリカの法律)、中小企業や金融機関向けの「SOXアプライアンス」、ITILを活用することで検索とドリルダウンレポートを通じてIT関連の問題解決を図る「ITILアプライアンス」の4つのモデルから選択することができる。

 「LG400」は、オープンソースプロジェクト“Project Lasso”のソフトウェア「Lasso Software」を搭載したゲートウェイアプライアンス。「Lasso Software」は、カスタムアプリケーションログを含むWindowsのイベントログを収集して、UDP/TCP syslog経由で中央に収集し、転送することができる。

 エージェント不要なため導入/運用の負荷を低減できるほか、遠隔地の数百のWindowsシステムのログを1拠点から収集/管理でき、既存の環境のパフォーマンスの劣化やソフトの不整合などの発生を回避することができる。LogLogicの統合ログ管理アプライアンス「ST/MX/LX」シリーズと組み合わせることで、WindowsとLinux/UNIXなどが混在する環境のログ管理を一元的に行なうことも可能となる。また、SIベンダまたはユーザが「Lasso Software」を機能拡張できる開発フレームワーク「Open Lasso SDK」が提供されるため、様々なアプリケーションに対応するログ収集モジュールを独自に開発することができる。


出荷日・発売日 2008年10月24日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024021


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ