日立ソフト、社内不許可ソフトの使用を禁止できるサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、社内不許可ソフトの使用を禁止できるサービスを提供


掲載日:2008/10/27


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、社内で不許可のソフトの使用を禁止することでIT全般統制を可能とするサービス「PC管理・監視サービス」の提供を、開始した。価格は、1社あたりの月額基本料金が3万円、1台あたりの月額利用料金が200円となっている。

 「PC管理・監視サービス」は、仮想マシン/OS/各種ミドルウェア/各種ツールからなるIT基盤と付帯する運用を提供するサービス「SecureOnline 統制IT基盤提供サービス」の第2弾。社内のそれぞれのPCのOS/CPU/メモリやインストールしているソフトの情報を収集し、管理台帳を自動的に作成する。モニタリングツール「DStream」により、各PC内の「DStream Agent」から送信された管理情報を基に、VPNで接続された「SecureOnline」側の「DStream Server」が台帳を自動生成する。

 情報システム管理者が社内で使用を禁止したいソフトをリストアップすることで、社員が該当する不許可ソフトを使用した場合、そのソフトを自動的に強制終了し、更にいつどのPCでどのソフトを使用したかを情報システム管理者に自動的に通報することができる。なお、新規に「SecureOnline」を利用するユーザは、VPNネットワーク接続サービスが必要となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 【インフォアジャパン】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 「IT資産管理」調査:管理のシステム化が進まぬ現状明らかに 【東日本電信電話】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 「IT資産管理」調査:管理のシステム化が進まぬ現状明らかに どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024014


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ