日立ソフト、社内不許可ソフトの使用を禁止できるサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、社内不許可ソフトの使用を禁止できるサービスを提供


掲載日:2008/10/27


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、社内で不許可のソフトの使用を禁止することでIT全般統制を可能とするサービス「PC管理・監視サービス」の提供を、開始した。価格は、1社あたりの月額基本料金が3万円、1台あたりの月額利用料金が200円となっている。

 「PC管理・監視サービス」は、仮想マシン/OS/各種ミドルウェア/各種ツールからなるIT基盤と付帯する運用を提供するサービス「SecureOnline 統制IT基盤提供サービス」の第2弾。社内のそれぞれのPCのOS/CPU/メモリやインストールしているソフトの情報を収集し、管理台帳を自動的に作成する。モニタリングツール「DStream」により、各PC内の「DStream Agent」から送信された管理情報を基に、VPNで接続された「SecureOnline」側の「DStream Server」が台帳を自動生成する。

 情報システム管理者が社内で使用を禁止したいソフトをリストアップすることで、社員が該当する不許可ソフトを使用した場合、そのソフトを自動的に強制終了し、更にいつどのPCでどのソフトを使用したかを情報システム管理者に自動的に通報することができる。なお、新規に「SecureOnline」を利用するユーザは、VPNネットワーク接続サービスが必要となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 【日本マイクロソフト】 大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 【ハンモック】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 脆弱性対策から未知の脅威対策まで、PC管理の課題をまとめて解決する手法とは? 【ハンモック】 インベントリ収集だけでは不十分 「効率的なソフトウェア資産管理」とは 【NTTテクノクロス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 脆弱性対策から未知の脅威対策まで、PC管理の課題をまとめて解決する手法とは? インベントリ収集だけでは不十分 「効率的なソフトウェア資産管理」とは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024014


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ