グローバルサイン、「SSLマネージドサービス」をEV SSLに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グローバルサイン、「SSLマネージドサービス」をEV SSLに対応


掲載日:2008/10/24


News

 グローバルサイン株式会社は、事前認証によりSSLサーバ証明書を即時発行できるサービス「SSLマネージドサービス」で、従来の“企業認証SSL”に加え“EV SSL”(強化認証SSL)の発行を可能とし、提供を開始した。

 「SSLマネージドサービス」は、本来SSLサーバ証明書の発行ごとに行なう必要のある企業情報の審査を、事前に企業認証の審査やドメイン登録の手続きを行なっておくことで省略し、ユーザ管理のもとで即時にSSLサーバ証明書を発行できるサービス。発行管理者は社内に認証局があるようなイメージで運用できるため、企業内のサーバ管理者が、多数のWebサイトのSSLサーバ証明書を一手に管理しているような場合に適している。更に、デポジット(預かり金)による割引が適用されるため、導入コストを抑えることができる。

 “EV SSL”サーバ証明書は、認証の厳格性を備えているほか、対応するブラウザ(IE 7/Firefox 3など)で検証した際にはアドレスバーが緑色に変化する。閲覧者は、証明書を自身で開いて認証レベルを確認することが不要で、信頼性に優れたWebサイトへのアクセスであることを容易に視認することができる。更に、Webサイトを運営する組織と証明書の発行認証局がアドレスバーに明示されるため、証明書の信頼性を容易に識別することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023999


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ