タンベルグデータ、圧縮時容量1.6TBのLTO4テープドライブを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タンベルグデータ、圧縮時容量1.6TBのLTO4テープドライブを出荷


掲載日:2008/10/22


News

 タンベルグデータ株式会社は、記憶容量1.6TB/転送速度毎秒160MB(いずれもハードウェアによる2:1圧縮時)を達成したテープドライブ「Tandberg LTO4 HH」を、出荷した。参考価格は、70万円からとなっている。

 「LTO4 HH」は、5.25インチのハーフハイトサイズで、様々なサーバやワークステーションに内蔵できる、LTO(Linear Tape-Open)の第4世代“LTO4”のテープドライブ。256ビットAES(Advanced Encryption Standard)によるハードウェア暗号化を採用し、テープドライブ内でデータを圧縮処理後に暗号化して、大容量を迅速にバックアップでき、重要データを安全に持ち運ぶことができる。また、WORM(Write Once Read Many)専用メディアを用意することでWORMにも対応する。

 ホストインターフェースはSCSI Ultra320とSAS(Serial Attached SCSI)3Gbpsの2種類が用意されている。LTO3の読み書きとLTO2の読み込みが可能な下位互換性も備えている。また、ソフトロード機能により、テープカートリッジをスムーズにロードすることができる。特定有害物質の使用を制限する“RoHS指令”に準拠している。


出荷日・発売日 −−−
価格 参考価格:70万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ランサムウェア被害から見えてきたエンドポイントデータ保護対策の6原則 【Commvault Systems Japan+他】 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 【日本ヒューレット・パッカード】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
専門家によればランサムウェア「WannaCry」は国内外で「非公表のものを含め相当数のデータを破壊した」という。今こそ組織として被害を防ぐ「6原則」を確認しておこう。 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023968


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ