ウチダスペクトラム、ソフトウェア資産管理の評価サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウチダスペクトラム、ソフトウェア資産管理の評価サービスを提供


掲載日:2008/10/21


News

 ウチダスペクトラム株式会社は、企業のソフトウェア資産管理(SAM:Software Asset Management)への取り組みを支援する目的で、SAMに関する国際標準規格と国内管理基準に基づく現状分析と改善点の提示を行なう新サービス「SAMアセスメントサービス」の提供を、開始した。また、従来は個別に提供してきた複数のSAM関連サービスを、総合サービスとして体系化した。

 「SAMアセスメントサービス」は、ユーザのリスク管理の観点から、ライセンス所有状況/購入実績などを証明できる説明責任の確保や、違法コピーなどの法的リスクの回避、TCOの削減を目的に、SAMに関する成熟度についての現状を把握して改善点を提示するサービス。SAMの国際標準規格ISO/IEC 19770-1と、同規格をベースとしたソフトウェア資産管理基準Ver2.0を網羅した、13の管理目標に対する100を超える管理項目に対応し、質問票の回答とユーザへの直接のヒアリングをもとに、各項目を6段階のレベルに分けて客観的に評価を行なう。

 各項目の評価レベルをもとにユーザのSAMに関する成熟度合いを“SAM環境の整備”/“SAMトレーニング”/“管理台帳の整備”/“照合・是正の定期実施(棚卸)”/“ソフトウェア調達の効率化”の5つの評価ポイントで総合的に判断し、リスクの洗い出しや、充足する事項、改善点を報告する。アセスメントにはおよそ1〜2ヵ月程度の期間を要し、価格は200万円からとなっている。

 また、今回体系化されたSAMサービス群は、新サービスを含む7つのサービスで構成され、企業がSAMをマネジメントシステムとして構築する際に、具体的な解決策を提示する。これにより、コーポレートガバナンス(企業統治)やコンプライアンス(法令順守)による説明責任の確保と、社会的信用の失墜防止などのリスク対策、ライセンス購入方法の統一化や未使用ライセンスの活用によるコスト削減、ソフトウェア調達窓口の集約や事業統廃合時の迅速なIT統合などの業務効率化が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「SAMアセスメントサービス」:200万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023950


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ