ハイマックス、B to B向けP to P配信ソフトにAPI機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイマックス、B to B向けP to P配信ソフトにAPI機能を追加


掲載日:2008/10/21


News

 株式会社ハイマックスは、B to B向けのP to P配信ソフトウェア「F-Orc」に、API(Application Program Interface)機能“F-OSH(Fission Orchestra Symphonic Harmonizer)API”を追加し、提供を開始した。

 「F-Orc」は、動画などの大容量のデジタルコンテンツを、インターネットを使用して多数の拠点に効率的/安全に配信できるシステム。電車内や店舗、スーパーに設置されたモニタへの電子広告映像(デジタルサイネージ)の配信に加え、工場/オフィス/営業所へのeラーニング動画の配信や、店舗/スーパー/複合ビルのKIOSK端末(情報端末)への配信などに活用することができる。

 従来型のクライアント/サーバ方式のCDN(Contents Delivery Network)に比べ配信効率に優れているため、ハイスペックなサーバは不要で、同システムが配信トポロジ(配信の仕組み)を構成/管理するため、運用保守も容易となっている。また、B to B向けに特化しており、NAT(Network Address Translation)使用環境でIPsecを可能とする技術“NAT Traverse”などにより安全なP to P配信を可能としている。ダウンロード/ストリーミング/ライブといった機能に対応している。

 今回、コンダクタ(サーバ)向けでXML/HTTPのインターフェースを提供するAPI「F-OSH Conductor API」と、サテライトサーバ(クライアント)向けでXML/HTTP/Javaでのインターフェースを提供する「F-OSH Client API」が提供されることで、既存の配信システムや様々なアプリケーションからAPIを経由して「F-Orc」を操作し、P to P配信を行なうことが可能となる。今後は、対応するインターフェースを順次増加させる予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストリーミング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストリーミング」関連情報をランダムに表示しています。

「ストリーミング」関連の製品

オンライン・ビデオ・プラットフォーム Kollus 【カテノイド】
ストリーミング
動画配信サービスを構築、運用するのに必要な機能をオールインワンのクラウドサービスとして提供するオンライン・ビデオ・プラットフォーム。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023940


IT・IT製品TOP > WEB構築 > ストリーミング > ストリーミングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ