MDITなど、統合ログ収集/分析システムをIVEX Meta Loggerに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MDITなど、統合ログ収集/分析システムをIVEX Meta Loggerに対応


掲載日:2008/10/17


News

 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(MDIT)と株式会社ネットワールドは、アイベクス株式会社のサーバ向けログソフトウェア「IVEX Meta Logger for Server」に対応した統合ログ収集/分析システム「LogCatcher for Meta Logger」の機能強化製品を、出荷した。

 「IVEX Meta Logger for Server」は、ターミナルサービス(Windowsサーバを複数のユーザで共有するための機能)のリモートからの操作履歴を記録するソフトウェア。操作履歴をOSユーザ単位に記録できる“メタログ方式”により、“操作を行なった内容は把握できるが、どのユーザが操作したかがわからない”といった課題に対応することができる。

 今回出荷された「LogCatcher for Meta Logger」では、「IVEX Meta Logger for Server」の記録したログを自動収集し、遠隔操作環境などからサーバ環境を操作する特権ユーザの操作ログとイベントログやSyslog形式のログなどを、専用DBに最大40分の1まで圧縮して長期保管することができる。これにより、サーバ管理者の不正閲覧の抑止を支援するほか、情報漏洩発生時に漏洩ルートを正確/迅速に特定することができる。

 外部に機密情報が流出した場合でも、複数サーバ環境とシンクライアント環境の操作ログデータをまたがって、流出したデータをいつ/だれが/どのように持ち出したのかを時間を遡って容易な操作で探索することができる。また、機密ファイルと同じ情報を保持している残存コピーファイルの一覧を確認できるため、消し忘れなどの人的ミスのリスクを排除することができる。

 接続回数の集計表や通信履歴の明細表を追加し、監査ニーズにも対応した41種類の分析テンプレートを標準搭載している。WebブラウザやExcelで1000万件のログデータを1秒で検索でき、設計不要の専用DBとともに導入/運用負荷を軽減することができる。「IVEX Meta Logger」シリーズの操作ログと企業内に散在する他の情報システムの異種ログとあわせた分析レポートが可能で、監査レポートを容易に作成することができる。なお「LogCatcher for Meta Logger」の価格は、サーバライセンスが220万円から、年間使用料が初年度68万円、次年度38万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年10月16日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023913


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ