パラゴン、異環境へ復元可能なサーバ用バックアップツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パラゴン、異環境へ復元可能なサーバ用バックアップツールを発売


掲載日:2008/10/17


News

 パラゴンソフトウェア株式会社は、サーバ用ドライブバックアップツール「Paragon Drive Backup 9.0 Server」を、10月31日より発売する。価格は、シングルライセンスで7万8000円となっている。

 「Paragon Drive Backup 9.0 Server」は、HDD全体のイメージバックアップやファイル/フォルダ単位でのバックアップが可能なバックアップユーティリティ。従来のバックアップ/復元操作に加え、“スマートリストア”機能(Windows Vista/Server 2008のみ対応)を利用することで、アーキテクチャの異なるハードウェア環境に対してもバックアップイメージを復元することができる。また、ウィザードに沿って進めることで操作を容易に実行できるほか、HDDイメージを見ながら直接操作を指定することもできる。

 製品CDはWindows PE(プレインストール環境)2.0に対応しているため、製品CDから起動することでインストールせずに各機能を利用することもできる。ユーザ自身でドライバを追加することも可能となっている。また、“VSS”(Volume Shadow Copy Service)に対応し、稼働中のWindows Serverを止めずにオンラインでバックアップを行なうことができる。VMware Workstation/Microsoft Virtual PCなどの仮想化環境での復元が可能なほか、CD/DVDに加えBlu-rayでの復元ディスク作成にも対応している。


出荷日・発売日 2008年10月31日 発売
価格 シングルライセンス:7万8000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 【日本ヒューレット・パッカード】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023909


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ