富士通と米サン、消費電力を抑え仮想化に適したサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通と米サン、消費電力を抑え仮想化に適したサーバを発売


掲載日:2008/10/15


News

 富士通株式会社と米サン・マイクロシステムズは、消費電力を抑え処理性能に優れたプロセッサ“UltraSPARC T2 Plus”とOS“Solaris 10”により、複数の業務アプリケーションを1台で運用する仮想化機能などを快適に利用できるサーバ「SPARC Enterprise T5440」を、発売した。

 「SPARC Enterprise T5440」は、4u(1u=44.45mm)の本体に同プロセッサを最大4基搭載し、32コア/256スレッドのマルチスレッド環境と最大512GBのメモリにより、スループット性能に優れたサーバ。同プロセッサの持つ電力管理機能に加え、温度変化に応じて回転ファンの速度を調整する“インテリジェント・ファン・コントロール”(IFC)機能により、消費電力と騒音を低減することができる。また、サーバ本体内を複数の冷却ゾーンに分割し、IFC機能により適切な温度管理を効率的な消費電力で行なうことができる。

 Solaris 10が提供する、柔軟な仮想化環境構築に適した“Solarisコンテナ”と、信頼性に優れた仮想化環境を構築できる“LDoms”により、企業の複数業務を1台のサーバに集約することができる。Solaris 8/9の既存環境をSolaris 10の仮想化環境に移行することで、1つのプロセッサで複数のソフトウェアスレッドを同時に処理するチップマルチスレッディング機能を活用することができる。なお価格は、“UltraSPARC T2 Plus”プロセッサ(1.2GHz)2CPU搭載で621万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年10月13日 発売
価格 621万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023881


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ