ニューテック、37万5000 IOPSを達成したRAIDサブシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ニューテック、37万5000 IOPSを達成したRAIDサブシステムを発売


掲載日:2008/10/15


News

 株式会社ニューテックは、毎秒1.6GBの読み出しと毎秒1.3GBの書き込み、37万5000 IOPS(Input Output Per Second)を達成したミッドレンジ向けRAIDサブシステム「SweeperStor-K」を、10月中旬より発売する。

 「SweeperStor-K」は、2u(1u=44.45mm)ラックマウント型の本体に、SAS(Serial Attached SCSI)またはSATA(Serial ATA)ドライブを12台装備可能なRAIDサブシステム。RAIDレベルは0/1/3/5/6/10/50に対応し、ホストインターフェースは4Gbpsファイバチャネルをコントローラあたり4本装備している。また、最大8台のJBOD(拡張筐体)増設により108ドライブ/108TBまで拡張することができる。

 AC(交流)電源モデルに加えDC(直流)電源モデルも用意されており、給電を直流にすることで、データセンタの無停電電源設備によるエネルギー損失を低減させることができるため、消費電力低減を図るデータセンタでの稼働にも適している。また、特定有害物質の使用を制限するRoHS指令に準拠しているほか、キャッシュバックアップにはバッテリ不使用の技術“UltraCap”が採用されている。通信業界向け機器の仕様規定“NEBS”で最高の“レベル3”認証と米国国防総省の物資調達規格“MIL-STD 810F”認証を取得しており、稼働時の安定性に優れている。


出荷日・発売日 2008年10月中旬 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】 4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る 「ドンキ」に学ぶ、バックアップ時間の大幅短縮を実現した”超効率”術 デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023875


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ