リコー、セルフサービス専用デジタルカラー複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、セルフサービス専用デジタルカラー複合機を発売


掲載日:2008/10/10


News

 株式会社リコーは、店舗や商業施設、教育/公共施設など向けに、機能性と使い勝手が向上したセルフサービス専用デジタルカラー複合機「imagio MP C4500 CP」を、10月17日より発売する。価格は、224万円となっている。

 「imagio MP C4500 CP」は、コピーとデジタルカメラプリントに加え、オプションでFAXにも対応するセルフサービス専用複合機。毎分モノクロ41枚/フルカラー36枚(A4ヨコ、コインラック装着時)の連続コピーが可能となっている。1枚の原稿から1枚コピーする“1 to 1コピー”時でも、ファーストコピータイムはモノクロ5.3秒/フルカラー7.9秒(A4ヨコ、等倍、本体第1給紙トレイ、原稿ガラスの時)を達成している。

 操作部に10.4インチのフルカラータッチパネルを搭載している。操作手順をタブ形式で表示するため、初めての利用者でも容易に利用することができる。音声ガイドも装備し、原稿の置き忘れやお釣りの取り忘れを防ぐことができる。また、トナー交換や紙詰まり処理の手順を液晶タッチパネル上にアニメーションで表示することで、操作に不慣れな店員/スタッフでも容易に処理することができる。給紙トレイは、順手にも逆手にも対応した取っ手と、軽い力で引き出せる機構を採用し、用紙補給時の開閉の動作負担を軽減している。

 デジタルカメラや携帯電話の写真を容易に出力することができる。USBメモリ/SDカード/メモリースティック/メモリースティック Duo/コンパクトフラッシュを直接差し込めるほか、市販の変換アダプタによりminiSDカード/microSDカードにも対応する。メディアを挿入後、画面の指示に従って写真/便せん/ラベルなど様々なフォームを選択することができる。写真の出力に加え、写真を使用してオリジナルのCD/DVDケースのラベルやブックカバーを作成することができる。

 オプションの「コインラック AD タイプ501」または「タイプ1001」を接続することで、コピー/FAX/デジタルカメラプリントの課金運用が可能となる。更に、コインラックにオプションの領収書発行プリンタを装着することで、その場で領収書を発行でき、店員/スタッフの手間を削減することができる。


出荷日・発売日 2008年10月17日 発売
価格 224万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023843


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ