リコー、A3カラープリンタ5シリーズ8モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、A3カラープリンタ5シリーズ8モデルを発売


掲載日:2008/10/10


News

 株式会社リコーは、A3カラープリンタ5シリーズ8モデル「IPSiO SP C821/821M/820/820M/721/721M/720/710e」を、10月15日より順次発売する。

 「C821/821M」はカラー/モノクロとも毎分50枚、「C820/820M」は40枚(いずれもA4横送り)の連続印刷が可能なA3カラープリンタ。両面印刷も片面印刷時と同速を達成している。ウォームアップタイムはそれぞれ27秒以下/23秒以下、省エネモード時の消費電力は2W以下、省エネモードからの復帰時間もそれぞれ22秒以下/15秒以下を達成している。また、9600×600dpi相当に加え1200×1200dpiの印刷が可能となったほか、“光沢強め印刷”機能を搭載し、写真などを優れた品質で印刷することができる。すべての給紙トレイから60〜256g/平方メートルまでの給紙が可能となっている。

 「C721/721M/720」は、A3対応ながら幅485mm×奥行き576mm×高さ342.5mmとコンパクトなカラープリンタ。「C721/721M」は毎分カラー30枚/モノクロ32枚、「C720」は同26枚/32枚(いずれもA4横送り)の連続印刷が可能となっている。オプションで両面印刷にも対応する。また、すべてのトレイで不定形サイズの印刷に対応しているほか、手差しトレイからのストレート排紙が可能で、封筒などの特殊紙や200g/平方メートルまでの厚紙、1200mmまでの長尺紙にも対応している。漢字やひらがなの表示も可能な4行LCD(液晶)パネルも採用されている。「C721/721M」は、Windows/MetaFrame環境に標準対応しているほか、オプションによりCADやUNIX、Macintosh、IBMホスト端末などに対応することができる。

 以上7モデルとも、印刷時に特別な地紋を埋め込む不正コピーガード機能や、不正コピー抑止地紋印刷機能に対応しているほか、本体のHDDに蓄積されるデータを記録時に暗号化するオプションや、HDDの残存データを上書き消去するオプションが用意されている。ICカードによる個人認証への対応も予定されている。なお、「C821M/820M/721M」は、トナーや感光体などの費用を含んだカウンター方式の保守システム“M-PaC保守”が付属している。

 「C710e」は、A3対応ながら幅494mm×奥行き593mm×高さ341mmとコンパクトなカラープリンタ。毎分カラー26枚/モノクロ32枚(いずれもA4横送り)の連続印刷が可能で、解像度は最大600×1200dpiに対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023842


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ