シマンテック、復旧製品群を仮想化やWindows Server 2008に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、復旧製品群を仮想化やWindows Server 2008に対応


掲載日:2008/10/09


News

 シマンテックコーポレーションは、仮想マシンやWindows Server 2008環境に対応し、データ/システムの包括的な復旧(リカバリ)を提供する「Backup Exec」製品群の新版を、10月7日より順次提供する。

 「Backup Exec 12.5」では、VMwareやWindows Server 2008の“Hyper-V”といった仮想化システムと従来の物理システムのデータを、単一のコンソールから包括的に保護することができる。「VMware ESX」や“Hyper-V”のホスト環境で、無制限の数のゲストマシンを単一のコンソールからバックアップすることができる。また、単一のバックアップでデータのきめ細やかなリカバリとイメージレベルでのリカバリの両方を可能としており、リカバリ時間の短縮とストレージリソースの低減を図ることができる。

 VMware/Microsoftの仮想管理フレームワークと密接に結びついているため、管理者は「Backup Exec」の管理インターフェースから仮想環境の全体像を容易に把握することができる。また、VMware Consolidated Backup(VCB)の自動設定/セットアップ機能を利用することで、スクリプト作成が不要となる。更に、仮想マシンの名前の変更やLANの構成の変更、復元後のゲストマシンの起動などを含む、ゲスト側の仮想システム全体の柔軟なリカバリ機能を提供する。

 「Backup Exec System Recovery 8.5」では、災害やシステム障害の際、元とは異なる種類のハードウェア環境や仮想環境へも迅速にWindowsシステムの全体を復元することができる。物理システムから仮想システムへの移行をスケジュール化する機能も備え、ダウンタイムを計画的に管理することができる。また、IT管理者はシステムにソフトウェアをインストールせずにプリブート状態でシステムのバックアップをキャプチャでき、特にWindowsシステムが正常に起動できない場合の対処を支援する。機能を限定したエントリー版「Basic Edition」も用意されている。

 「Backup Exec Infrastructure Manager 12.5」では、ライセンスの検出や、インベントリとディスク容量の監視機能を集中管理することで、「Backup Exec」のインストール環境をアップグレードするプロセスとパッチの管理を簡略化する。また、Webベースのインターフェースにより「Backup Exec」のインフラを管理でき、「Backup Exec」を展開する環境の全体をグラフィカルなマップで把握することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?!

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023826


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ