NOS、ワークフローフレームワークによるシステム構築運用を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NOS、ワークフローフレームワークによるシステム構築運用を提供


掲載日:2008/10/07


News

 日本オフィス・システム株式会社(NOS)は、オンデマンドサービス「FineCrew NX」で、ビジネスプロセスの制御や申請/承認の操作ログ収集などが可能な「FineCrew NXワークフロー・フレームワーク」を活用したシステム構築/運用サービスを、提供する。

 「FineCrew NX」は、ライセンス費用不要で初期投資を抑え、システム稼働後のアフターメンテナンスを月額定額として設定することで、ユーザの環境や戦略の変化にも柔軟に対応できる“コンシェルジュ型”オンデマンドサービス。「FineCrew NX会計」/「販売」/「人事」が用意されている。「FineCrew NXワークフロー・フレームワーク」では、申請/承認処理のビジネスプロセスを定義して、処理の画面を作成するための基本機能を提供し、人事異動や社内稟議、経費精算などの申請/承認処理を、ユーザのニーズに合わせてシステム化可能とする。「FineCrew NX」ファミリーや他システムと容易に連携できるほか、ワークフロー単独での稼働も可能で、既存のシステムを活用してワークフローの仕組みを追加することもできる。

 今回提供されるシステム構築/運用サービスでは、あらかじめ用意されたテンプレートを基に、ユーザの業務に合わせてビジネスプロセスの可視化を提供する。サービスメニューとしては、企画段階の「ビジネス・プロセス最適化支援サービス」から、設計段階の「ビジネス・プロセス定義サービス」、開発/テスト段階の「ワークフロー実装サービス」、運用段階の「ワークフロー運用サービス」まで4つのサービスが用意されている。多段階の承認や、差し戻し、代行設定、複数承認者の並行処理、最終承認後の後処理など、様々なプロセスの形態を定義して、プロセスの変化にも柔軟に対応するほか、申請/承認画面の追加や変更も行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】 電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】 New Concept Integrated WorkFlow 【エヌシーアイ総合システム】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。 承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持ったクラウド型ワークフローツール。申請・承認情報は、全てWebブラウザ上で確認できる。 強力なヒューマンワークフロー機能、デザイン機能を装備し、短期間・低コストで社内外の各種システム間の柔軟な連携を実現する統合ソリューションを提供。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023807


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ