リンテック、RoHS指令に対応したICタグ発行機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リンテック、RoHS指令に対応したICタグ発行機を発売


掲載日:2008/10/07


News

 リンテック株式会社は、特定有害物質を規制する“RoHS指令”に対応したICタグ発行機「Britem DC-P302R」を、11月1日より発売する。価格は、1セット(ICタグ発行機+発行ソフト)で90万円となっている。

 「DC-P302R」は、タグ表面への可視情報印字とICチップのデータ入力を同時に行ない、ロール形状でタグの連続発行が可能なICタグ発行機。表面印字/データ入力時に、UID(ユニークID:チップ1個1個に付けられる固有の番号)データを取得でき、ICチップの固有番号とDBへの関連づけを容易にしている。インターフェースはRS-232C端子とUSB端子を標準装備している。



出荷日・発売日 2008年11月1日 発売
価格 1セット(ICタグ発行機+発行ソフト):90万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

クラウド“乱用”に悩むIT部門──ID統合管理とシングルサインオンのススメ 【東京エレクトロン デバイス+他】 「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣 【日本マイクロソフト】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】 Entrust Datacard -AUTHENTICATION CLOUD SERVICE 【エントラストジャパン株式会社】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
利用の広がるクラウドサービスだがID管理に関して課題を抱えているケースも多い。そうした中、この課題をクラウドで解決するサービスが注目を集めている。 「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。 狙われる“ID”――クラウド環境で急増するアプリIDをどう守る?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023798


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ