リンテック、RoHS指令に対応したICタグ発行機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リンテック、RoHS指令に対応したICタグ発行機を発売


掲載日:2008/10/07


News

 リンテック株式会社は、特定有害物質を規制する“RoHS指令”に対応したICタグ発行機「Britem DC-P302R」を、11月1日より発売する。価格は、1セット(ICタグ発行機+発行ソフト)で90万円となっている。

 「DC-P302R」は、タグ表面への可視情報印字とICチップのデータ入力を同時に行ない、ロール形状でタグの連続発行が可能なICタグ発行機。表面印字/データ入力時に、UID(ユニークID:チップ1個1個に付けられる固有の番号)データを取得でき、ICチップの固有番号とDBへの関連づけを容易にしている。インターフェースはRS-232C端子とUSB端子を標準装備している。



出荷日・発売日 2008年11月1日 発売
価格 1セット(ICタグ発行機+発行ソフト):90万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

PCI DSS準拠だけでは足りない、特権アクセス管理のセキュリティ強化法 【CA Technologies】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」 【CA Technologies】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
PCIDSS準拠だけでは足りない、特権アクセス管理のセキュリティ強化法 「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023798


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ