シャープ、生産性/機能/省スペース性に優れたカラー複合機発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、生産性/機能/省スペース性に優れたカラー複合機発売


掲載日:2008/10/07


News

 シャープ株式会社は、設置面積が幅645mm×奥行き695mm(右排紙トレイ除く)と省スペースなデジタルフルカラー複合機5モデルを、10月7日より順次発売する。

 今回発売されるのは、連続複写速度がカラー/モノクロとも毎分36枚(A4ヨコ)の「MX-3600FN」と、41枚の「MX-4100FN」/「MX-4101FN」、50枚の「MX-5000FN」/「MX-5001FN」の計5モデル。いずれもコピー/プリンタ/FAX/スキャナ/ネットワーク/ドキュメントファイリングに標準対応し、「MX-3600FN」/「MX-4100FN」/「MX-5000FN」は両面原稿自動送り装置を搭載している。「MX-4101FN」/「MX-5001FN」は両面同時読取原稿送り装置により、カラー/モノクロとも毎分70面で原稿を読み取ることができる(解像度200×200dpi時)ほか、両面を別々に読み込まないため、原稿ダメージを軽減することができる。

 8.5インチワイドVGAカラー液晶タッチパネルを搭載し、プレビュー機能によりコピー/スキャン/FAXの各作業を事前に確認することができる。コピー時のプレビューでは、集約コピーのイメージや、ステープルの位置、パンチの位置(オプション装着時)などを事前確認でき、ミスコピーなどを低減することができる。また、オプションの本体一体型キーボードにより、スキャン送信時のアドレス設定や、ファイル名、件名、本文などをPCと同様のキータッチで入力可能となる。

 “MycrosトナーHG”と小粒径キャリアを採用し、粒状感(ざらつき)を抑えた緻密な画質再現が可能となっている。人の肌などの中間色もより自然に再現できるほか、1200×1200dpiのプリント解像度により、細かな文字や細線もより鮮明に印刷することができる。また、オプションの高圧縮PDF生成機能により、スキャンしたデータを保管するサーバ容量の削減を図ることができる。排紙系オプションでは、インナーフィニッシャー/サドルフィニッシャーに加え、11月に4000枚フィニッシャーの発売も予定されている。

 FAX送信の際、送信先とその番号を画面に一旦表示し、再度番号を入力することで誤送信を抑止する宛先確認機能を搭載している。また、オープンシステムズアーキテクチャ“Sharp OSA”により、アプリケーションソフトと連携し、入力から処理、出力といった一連の作業を自動化できるなど、連携システムの開発が可能となっている。国際エネルギースタープログラムやグリーン購入法基準にも適合している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023797


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ