Imperva Japan、Webアプリ/DBのセキュリティ製品の日本語版発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Imperva Japan、Webアプリ/DBのセキュリティ製品の日本語版発表


掲載日:2008/10/07


News

 株式会社Imperva Japanは、WebアプリケーションとDBの総合セキュリティソリューション「SecureSphere」製品群の日本語バージョンを、発表した。

 「SecureSphere」製品群は、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)やDBセキュリティゲートウェイ(DSG)、DBモニタリングゲートウェイ(DMG)などで構成されている。ビジネスアプリケーションとDBのアクティビティの監視/監査とセキュリティの機能を提供し、アプリケーション経由でDBを利用しているユーザの利用状況の可視化を可能とする。また同製品群は、セキュリティとコンプライアンスの専門家で構成されるImpervaの“アプリケーションディフェンスセンター”(ADC)により、常に最新状態に更新されている。

 これにより、アプリケーションのセキュリティ上の不備を意図的に利用してDBシステムを不正に操作する攻撃であるSQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)、様々なワームなど脆弱性に対する攻撃からシステムを保護する。組織内部でのデータの持ち出しや不正アクセスなどによる情報の流出にも対応しているほか、システムのパフォーマンス低下も抑えられている。

 今回の日本語環境対応により、システム管理者は日本語画面での操作が可能となった。日本語版の出荷は、製品保守契約の一部として提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

Oracle DBからIBM Db2へ移行、九州電力のデータ管理サーバはどう変わった? 【日本アイ・ビー・エム】 2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは 【日本アイ・ビー・エム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 ノンプログラミングWebデータベース 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
Oracle DBからIBM Db2へ移行、九州電力のデータ管理サーバはどう変わった? 2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 禁止は逆効果!ユーザーの勝手なシステム構築を許すIT管理術とは

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023796


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ