リコー、コンパクトなデジタルフルカラー複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、コンパクトなデジタルフルカラー複合機を発売


掲載日:2008/10/03


News

 株式会社リコーは、個人事務所/小規模事業所や、大規模な事業所の入出力分散機向けに、設置面積を低減したデジタルフルカラー複合機「imagio MP C2200」シリーズを、10月9日より発売する。価格は、スキャナ/プリンタ機能が標準でFAX機能がオプションの「MP C2200 SP」が106万円、FAXも標準の「MP C2200 SPF」が144万円となっている。

 「MP C2200 SP/SPF」は、幅587mm×奥行き655mm×高さ725mm〜845mmとコンパクトで、カラー/モノクロとも毎分22枚(A4ヨコ)の連続コピー/印刷が可能なデジタル複合機。FAX番号の押し間違いによる誤送信を抑止するために宛先を複数回入力する“宛先繰り返し入力”に加え、送信前に必ず設定確認画面を表示する“宛先強制確認”や、誤って複数の宛先を指定して送信しないための“同報送信禁止”に設定することができる。また、原稿を送信する前に、送信文書の内容をプレビュー表示して確認でき、送信前に読み取った文書を確認することで送信ミスを抑止することができる。

 スリープモード時の消費電力などを低減したことで、標準消費電力量(TEC:国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値)は「MP C2200 SP」で2.63kWh、「MP C2200 SPF」で3.00kWhに抑えられている。また、マニュアルポケットに、耐熱性や難燃性を確保しながらバイオマス度(生物由来の資源を含む割合)が約70%のバイオマスプラスチックを採用している。

 NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構から“カラーユニバーサルデザイン認証”を取得しており、色覚の個人差を問わず様々な利用者に使いやすいよう配慮されていると認定されている。操作部には8.5インチのフルカラータッチパネルを搭載し、視認性/操作性を向上させている。また、オプションの「imagio給紙テーブルPB3070」と「imagioキャスターテーブルタイプ17」を装着することで、本体の高さを低くして設置できるため、車いすを利用している利用者も座ったままでの操作が可能となる。

 ウォームアップタイムは29秒、ファーストコピータイムもモノクロ6.5秒/カラー9.5秒に抑えられている。本体排紙部に装着できるインナーフィニッシャーもオプションで用意されている。


出荷日・発売日 2008年10月9日 発売
価格 「imagio MP C2200 SP」:106万円、「SPF」:144万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023763


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ