インサイトテクノロジー、Oracle DB運用管理ツールの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インサイトテクノロジー、Oracle DB運用管理ツールの新版を出荷


掲載日:2008/10/03


News

 株式会社インサイトテクノロジーは、Oracle Databaseの運用管理を支援するDBチューニングツールの新版「Performance Insight バージョン5.4.1」を、出荷した。価格は、最小構成で80万円からとなっている。

 「Performance Insight」は、Oracle Databaseを常時監視することで、管理者にシステムの現状を容易に把握できる情報を提供するDBパフォーマンス管理ツール。パフォーマンス劣化の原因を特定し、改善のためのデータや手順を具体的に提示することで、チューニング作業にかかる時間を削減可能とする。トラブル発生時の原因究明のためのツール群も装備されており、システムの現状把握から原因究明、復旧へと、一連の対応を迅速に行なうことができる。

 今回の新版では、従来から提供されていた80種類のチャートに加え、各種リソース使用状況をまとめたチャート群や、パフォーマンス分析/障害分析などの監視を目的とした19種類の目的別チャートセットがあらかじめ用意されているため、特別な準備が不要で直ちに専門的な監視や分析が可能となる。チャートセットはユーザが任意に登録することもでき、日常的に行なう監視項目を登録しておくことで即座に必要なチャートのみを表示/確認することができる。

 当月と前月といった複数期間のチャートを表示する場合や、月次処理が実行された30日と31日といった特定日を比較する場合、同一画面上で比較対象を並べることができ、指定期間の稼働状況変化を直感的に把握することができる。また、選択しているチャートをすべて印刷できるため、日常監視や障害時の対応など、一連の管理業務のための情報共有と報告をレポートとして効率的に実行することが容易となる。

 チャートレイアウトのカスタマイズが可能となり、任意のチャート1つずつを選択してレイアウトを任意に表示することができる。これにより管理者は自分に必要なチャートを一括表示でき、日常監視の手間を削減することができる。


出荷日・発売日 2008年10月1日 出荷
価格 最小構成:80万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか? 【日本オラクル】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 非構造化データ急増時代のデータストアの要件とは? 【インターシステムズジャパン】 国産ジェット旅客機の開発プロジェクトを支える情報共有システム 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか? システムの引き継ぎ、メンテナンスが大変…脱Access大作戦! 非構造化データはどんなデータベースで扱えば良いのか? 国産ジェット旅客機「MRJ」の開発プロジェクトを支える情報共有システムとは? 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023761


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ