ハイテクインター、拠点間通信向けのWANロードバランサを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイテクインター、拠点間通信向けのWANロードバランサを発売


掲載日:2008/10/02


News

 ハイテクインター株式会社は、Xtera Communications社製のインテリジェントWANロードバランサ「AscenLink」シリーズに、拠点間通信で利用可能なモデル「AscenLink 200i」を追加し、発売した。価格は、36万7500円(税込)となっている。

 「AscenLink 200i」は、廉価なブロードバンド回線を複数束ねることで、本社−支社などの拠点間通信でIPバルク伝送(回線を束ねる伝送方法)を可能とするWANロードバランサ。“Tunnel-Routing機能”により、ADSL回線のみ利用可能な地域から送受信する場合やインターネット回線を使用して映像を伝送する際の帯域不足を、複数のWANを導入することで解消することができる。上位機種「AscenLink 430i」との対向通信の場合、40〜50MbpsのWAN帯域を確保することができる。

 4回線まで同時利用でき、高速化/冗長化を図ることができる(ルーティングモード使用時)。センタ側に「AscenLink 430i」以上の上位機種を用意することで、拠点間通信を容易に高速化/冗長化することができる。また、ダイナミックIPアドレス(DNSのDBを動的に更新し接続ごとに付与されるグローバルIPアドレスが変化しても一意のホスト名を利用可能な“ダイナミックDNS”で使用されるIPアドレス)の通信回線にも対応しているため、すべての回線に固定IPアドレスを用意することが不要で、インターネット回線の初期費用やランニングコストの削減を支援する。

 AES(Advanced Encryption Standard)暗号化による安全/迅速なパケットごとのロードバランスが可能なほか、“パケット・リオーダー機能”による効率的な通信が可能で、レイヤ7(アプリケーション層)プロトコルによるアプリケーションのブロックも可能となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 36万7500円(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN」関連情報をランダムに表示しています。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023753


IT・IT製品TOP > 通信サービス > WAN > WANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ