東芝、1.5kg以下のノートPCとネットブック計2機種5モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、1.5kg以下のノートPCとネットブック計2機種5モデルを発売


掲載日:2008/10/01


News

 株式会社東芝は、重さ1.5kgを下回るノートPC「dynabook NX」シリーズと、廉価なミニノート“ネットブック”市場向けの「NB100」の計2機種5モデルを、10月下旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「dynabook NX」シリーズは、幅約286mm×奥行き223mm×高さ29.9mm(突起部含まず)と小型ながら、最長11.5時間のバッテリ駆動を達成したノートPC。液晶ディスプレイは、12.1インチワイドWXGA(1280×800ドット)対応でバックライトに省電力LED(発光ダイオード)を搭載し、消費電力低減を図っている。また、“東芝ヘルスモニタ”の“消費電力メータ”によりグラフィカルに消費電力量を確認でき、環境負荷低減への意識づけを支援する。

 CPUはCore 2 Duoプロセッサ超低電圧版SU9300(1.20GHz)を、チップセットはGS45 Expressを採用している。128GBフラッシュメモリドライブ搭載の「NX/78GBL」では、データアクセスの高速化によりOS/アプリケーションを快適に起動/操作できるほか、耐振動/耐衝撃といった堅牢性も向上している。全モデルで剛性に優れた本体とウォーターブロック構造が採用され、ドイツの認証機関“TUV Rheinland Group”による75cm落下テストや、100kgf面加圧テスト、水/コーヒー/コーラなどの100cc浸水テストなどに合格している。特定有害物質の使用禁止を定めたEUの“RoHS指令”や、特定化学物質の含有表示方法を規定する“J-Moss”に対応している。本体色は、グラマラスブラック/ノーブルホワイト/ロータスピンクの3種類が用意されている。

 「NB100」は、幅約225mm×奥行き190.5mm×高さ29.5〜33mm(突起部含まず)/重さ約1050g(標準バッテリパック装着時)とコンパクト/軽量なネットブック。CPUにAtomプロセッサN270(1.60GHz)を採用し、8.9インチワイドWSVGA(1024×600ドット)液晶を搭載している。また、液晶のバックライトには省電力LEDタイプを採用し、明るさを保ちながら消費電力低減を図っている。キーピッチ15.9mmのキーボードを採用し、ファンクションキーなどを省略せずに入力性を確保している。

 OSはWindows XP Home Edition 正規版 Service Pack3を搭載し、快適にWebサイトを閲覧することができる。インターネットのテレビ電話に利用できるWebカメラや、対応の機器と無線伝送が可能なBluetooth、3個のUSB 2.0ポートなども搭載している。


出荷日・発売日 2008年10月下旬 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「モバイル端末」に関するアンケート調査 【株式会社日立システムズ】 「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン ノートパソコン
ギフト券3000円分が当たる★モバイル端末に関するアンケート 企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023719


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ