NTTソフトウェア、認証連携製品にSaaS/ASPとの連携などを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、認証連携製品にSaaS/ASPとの連携などを追加


掲載日:2008/09/29


News

 NTTソフトウェア株式会社は、認証連携(シングルサインオン)ソリューション「TrustBind/Federation Manager」に、SaaS(Software as a Service)やASPなど外部業務サービスと企業内認証基盤の間で認証を連携するための製品を追加し、10月1日より発売する。携帯アプリケーションからも認証連携が利用可能なサービスも、提供する。

 「TrustBind/Federation Manager」は、国際コンソーシアム“OASIS”の採用する国際的な認証連携仕様“SAML2.0”に対応した製品。今回、開発用言語として従来からのJavaにPHPを加え、開発環境の選択幅を拡大したほか、携帯電話からのWebサービス利用時に認証連携が可能な携帯ゲートウェイ機能を追加した。また、通常の認証連携利用時の標準的な機能を使用可能で、ライセンス価格を抑え、導入期間を短縮できる「Simple SP Edition」が用意された。

 これらにより、利用者は携帯電話からの利用も可能となったことで利便性が向上したほか、社内のシステム管理者は期間/コストを抑えて複数言語での開発環境を利用することができる。SaaS/ASPサービスの事業者は、相互認証できるWebサービスの範囲を拡大することができる。


出荷日・発売日 2008年10月1日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 AXIOLE 【ネットスプリング】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023694


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ