日本IBM、様々なセキュリティ機能を1台に集約した機器を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、様々なセキュリティ機能を1台に集約した機器を発表


掲載日:2008/09/29


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、不正侵入やウイルス/ワーム、スパム/フィッシングメール、業務に無関係のWeb閲覧などセキュリティ上の脅威に加え、誤使用や、企業のポリシーに準拠しないトラフィックから企業ネットワークを保護する機器「IBM Proventia Network Multi-Function Security」を、発表した。

 「IBM Proventia Network Multi-Function Security」は、ファイアウォール/VPN/SSL-VPN/不正侵入防御/アンチウイルス/アンチスパム/Webフィルタなどの機能を1台の機器に集約したソリューション。各機能は、同社のネットワークセキュリティ専門家が最適化した防御方法をクリック操作で有効化できるため、設定/運用には高度なセキュリティの知識やスキルが不要となっている。また、クレジットカード業界のグローバルセキュリティ基準“PCIDSS”(Payment Card Industry Data Security Standard)に対応しており、ネットワークに関連した10要件のすべてを満たしている。なお最小構成価格は、19万9000円となっている。



出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成:19万9000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023693


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ