マイギ、“データ収集型”業務を可能とするワークフローを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイギ、“データ収集型”業務を可能とするワークフローを提供


掲載日:2008/09/25


News

 株式会社マイギは、申請/承認/却下/差し戻し/過去データ検索などのワークフロー機能に加え、ワークフローを通じて書類にデータを集める“データ収集型”業務を可能とするワークフロー製品「コラボリンク・ビジネスフローVer2.0.1(ネクスト版)」の提供を、開始した。価格は、ユーザ数無制限のサーバライセンスが120万円となっている。

 「コラボリンク・ビジネスフローVer2.0.1(ネクスト版)」は、株式会社リンコムのグループウェア/EIP製品の最新バージョン「リンコムネクスト3.0」に対応したワークフロー製品。データ収集ワークフロー機能により、承認者に応じて、書類の特定項目の入力を促すことや、非表示にさせることができる。これにより、クレーム報告ワークフローでは顧客対応担当者に問題の詳細を入力してもらい、技術担当者の段階で問題の原因を必須入力する、といったデータ収集型業務が容易な設定で可能となる。

 ワークフロー転記機能により、ある申請書から別の申請書にデータを転記して申請を開始できるため、旅費申請書のデータを転記して旅費清算書を起票するといった処理にプログラミング不要で対応することができる。また、条件分岐機能により、申請書に記入された金額や文字などの内容によって判定者を変更できるため、“金額が10万円を超える場合”/“重要度が高の場合”などで経路を分岐させることができる。

 経路の途中で任意の形式でCSV(カンマ区切りファイル)を出力できるため、基幹系システムとの連携も可能となっている。ページめくりの感覚で多くの文章を効率的に処理できる“連続承認”機能も備えている。なお、「リンコムネクスト」不要で単独で動作する「単体版」も用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 New Concept Integrated WorkFlow 【エヌシーアイ総合システム】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
強力なヒューマンワークフロー機能、デザイン機能を装備し、短期間・低コストで社内外の各種システム間の柔軟な連携を実現する統合ソリューションを提供。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023652


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ