丸紅情報システムズ、メールの内部統制/情報漏洩対策製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


丸紅情報システムズ、メールの内部統制/情報漏洩対策製品を発売


掲載日:2008/09/25


News

 丸紅情報システムズ株式会社は、SaaS(Software as a Service)型グループウェア「V-Service II」に内部統制監査や情報漏洩対策の機能を追加する「メールアーカイブサービス」を、発売した。

 「V-Service II」は、マイクロソフト株式会社のグループウェア「Microsoft Exchange Server2007」の機能を月額制のSaaS型で提供するサービス。マイクロソフトのメールソフト「Outlook」をPCにインストールし、メール/グループウェアに関わるウイルス/スパム対策や通信時の暗号化、データ複製、バックアップ、予定表の共有、会議予約、携帯電話やモバイルデバイスでのアクセスなどを利用することができる。また、必要に応じて任意に機能を選択することができる。

 今回発売された「メールアーカイブサービス」は、「V-Service II」で送受信したメールの内部監査や、情報漏洩発生時の追跡調査を可能とするサービス。送受信された社内外すべてのメール/添付ファイルを同社のデータセンタで最短3ヵ月から保存する。これらに対し、送受信者や件名、メール本文/添付ファイルの内容、添付ファイル名、日付範囲などをキーワードとした検索が可能な管理ツールが提供される。機能をデータの検索/閲覧に限定しているため、利用者の操作ミスによるデータの消去や改ざんを防ぐことができる。また、検索履歴もログとして保存されるため、管理ツールの不正操作も監視することができる。

 初期設定費用を除き、ユーザ数や保存容量に応じた月額費用負担のみでサービスを利用できるため、ユーザによるシステム開発やハードウェア/ソフトウェアの取得、専任の運用担当者は不要となっている。これらにより、個人情報保護対応や内部統制強化を可能とするメール環境を容易に導入することができる。


出荷日・発売日 2008年9月24日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「電子メール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子メール」関連情報をランダムに表示しています。

「電子メール」関連の製品

アンチスパム+メールサーバの トータルソリューション MailSuite 【クオリティア】 かんたんメール共有ツール「サイボウズ メールワイズ」 【サイボウズ】 メールマーケティングに専用の配信システムが必要な理由 【ユミルリンク】 ビジネスWebメールソリューション「Active! mail」 【クオリティア】 Webメール搭載メールサーバソリューション DEEPMail 【クオリティア】
電子メール 電子メール 電子メール 電子メール 電子メール
メールサーバーソリューションとスパム遮断ソリューションを統合したトータルメールソフトウェア。マルチスレッド方式を採用した独自開発の高性能メールエンジンを搭載。 社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 その一斉メール、ちゃんと届いてますか? 意外と届かない現実と対策 Webブラウザ上でメールを送受信するAjax採用Webメールソフト
◎安全/利便/操作性を兼備
◎メールサーバに対して画面表示用のゲートウェイとして働き、利用環境を選ばない
高速メールエンジンと多彩なWebメール機能を搭載したシンプルメッセージングソリューション。メーリングリスト機能も標準搭載し、柔軟なカスタマイズ要望にも対応。

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023650


IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ