提携:NEC、6コアXeonを搭載し96コアまで拡張できるサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NEC、6コアXeonを搭載し96コアまで拡張できるサーバを出荷


掲載日:2008/09/24


News

 日本電気株式会社は、企業向けシステムの中核サーバとして、6コアのXeonプロセッサ7400番台を搭載した「Express5800/スケーラブルHAサーバ」を、11月28日より出荷する。

 今回出荷されるのは、4u(1u=44.45mm)のボックス(筐体)に4プロセッサ/24コアを搭載したエントリモデル「Express5800/A1040」と、ボックス間高速インターコネクト“HSI”(High Speed Interconnect)により最大16プロセッサ/96コアまで拡張可能なスケーラブルモデル「Express5800/A1160」の2製品。1ボックスあたり32のメモリスロットを装備し、最大構成時には128のメモリスロットに最大1TBのメモリを搭載することができる(2009年度前半に製品化予定の8GB DIMMを搭載した場合)。また、ホットプラグ(電源を入れたままでの装着)に対応可能なPCI-Express x8スロットを1ボックスあたり6個用意しており、最大24個の外部インターフェースを接続することができる。

 メモリ/HDD/電源などの主要コンポーネントの2重化/冗長化により信頼性を向上させているほか、高速インターフェースの多ビットエラー検出/再送機能などにより、システムダウンやシステム障害波及を低減させている。サーバに搭載されたハードウェアの障害監視/構成変更などを行なう専用プロセッサ“EXPRESSSCOPEエンジンSP”により、耐障害機能/リモートモニタリング機能も提供される。また、ラックから引き出さずに、装置の前面/背面から工具不要で部品を交換できるほか、メモリやHDD、電源、I/Oカードなどの縮退(障害発生時に最小限の機能を動かすこと)運転時にはオンラインでの保守交換も可能となっている。

 仮想化基盤はVMware ESX 3.5や、Windows Server 2008に搭載されている“Hyper-V”、Citrix XenServerに対応している。「Express5800/A1160」が提供するボックス単位のパーティション分割機能により、複数パーティションで仮想化基盤の分割利用が可能となっている。また、統合プラットフォーム管理ソフトウェア「SigmaSystemCenter」の利用により、自動的にマイグレーションやプロビジョニングが行なわれ、柔軟な運用管理を可能とする。同サーバに対応した高可用Linuxプラットフォームとして、新たに開発された基盤ミドルウェア群とRed Hat Enterprise Linuxを含む「Linux サービスセット MC」も用意されている。なお、同サーバはユニシスとの協業に基づいて開発された。


出荷日・発売日 2008年11月28日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023640


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ