日立、理論ピーク性能1.28TFLOPSの科学技術計算向けサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、理論ピーク性能1.28TFLOPSの科学技術計算向けサーバを出荷


掲載日:2008/09/22


News

 株式会社日立製作所は、流体解析/衝突解析/気象予測といった科学技術計算向けのスーパーテクニカルサーバ「SR16000」シリーズで、1ノード(演算処理単位)あたりの理論ピーク性能が1.28TFLOPS(浮動小数点演算を1秒間に1兆回実行する能力)を達成した「SR16000 モデルVL1」を、出荷した。価格は、個別見積となっている。

 「SR16000 モデルVL1」は、1ノードにPOWER6プロセッサ(5.0GHz)を最大32個、メモリは最大1TBを搭載可能なスーパーコンピュータシステム。大容量メモリを共有した多数のプロセッサ間で処理を分担できるため、大規模な行列計算や数値シミュレーションなどの複雑な科学技術演算で、より迅速な処理を可能とする。I/Oの拡張性も増強され、PCI-X(PCIバス規格の拡張版)を240スロットまで拡張可能となったことで、最大I/O性能(ノードが有するI/O転送の帯域幅)は毎秒48GBを達成している。

 オープン性と信頼性に優れたIBMのUNIX系OS「AIX」を採用しているほか、日立の運用管理ノウハウや、自動並列化コンパイラ/クラスタ管理技術などの技術によるチューニングサポートが提供される。なお、現在ベクトル機(1次元の配列を単位として演算を行なうスーパーコンピュータシステム)を利用しているユーザに対しても、システム導入/構築などのサービスメニューや、ユーザのプログラム環境に応じたきめ細かいチューニングサポートなどを行ない、ベクトル機環境からの容易なプログラム移行を支援する。


出荷日・発売日 2008年9月22日 出荷
価格 個別見積
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023633


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ