ITFOR、百貨店向け基幹システムに“ギフトシステム”などを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ITFOR、百貨店向け基幹システムに“ギフトシステム”などを追加


掲載日:2008/09/18


News

 株式会社アイティフォーは、百貨店向け基幹システム「RITS」に、「RITSギフトシステム」/「RITS友の会システム(前受金管理)」の2製品を追加し、9月25日より発売する。価格は、それぞれ1式3000万円からとなっている。

 今回発売される2製品は、既存の「RITS」と連携できるほか、それぞれ独立したモジュール構造のため、単独のシステムとしても利用することができる。「RITSギフトシステム」は、お中元やお歳暮などのギフトセンタで申し込みから配送管理までを一貫して支援するシステムで、ビジュアル対応により画面上に商品イメージを表示でき、売場に未陳列の商品を追加で勧めることや、顧客が売り場で選んだ商品をモニタ画面で確認しながら顧客と対応することができる。これにより、時間短縮と顧客満足を同時に可能とする。

 クレジットカードや、同社が提供する電子マネーの決済であれば、カードリーダに読み込ませることで即座に売上計上と会計処理が終了する。1回の注文で商品券と通常の商品が混在している場合でも、1度で受付から会計までの処理を済ませることができ、時間を短縮することができる。

 「RITS友の会システム」は、百貨店で一般的な友の会(毎月一定額を積み立て、期間終了時に積み立て相当額+ボーナス額の商品券などをもらえるシステム)の機能に、“ギフトカード”の管理機能を盛り込んだ前受金管理システム。“ギフトカード”の残高情報をサーバ側で管理する電子決済が可能で、ハウスギフトカード(特定の企業やグループ内のみで利用できるカード)を導入するためのカード発行から利用処理まで、必要な機能を装備している。また、釣り銭カード管理や商品券管理、ポイントカード管理など前受金管理に関連する機能も備えている。


出荷日・発売日 2008年9月25日 発売
価格 1式3000万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

カード決済トランザクションシステム SEGTRAN 【セイコーソリューションズ】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 個人信用情報照会システム L-CRIP 【セイコーソリューションズ】 SEALS融資システム 【SCSK】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
カード・信販会社等に必須となるCAFISやCARDNETなど、カード決済業務に不可欠な対外接続機能を統合したオールインワンパッケージ。 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 個人信用情報機関との通信制御から独自の個信審査まで、融資審査業務に欠くことのできない個人信用情報照会の機能を装備したパッケージ。導入実績110社以上。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023596


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ