提携:ダブルクリックのMail配信とオムニチュアのWeb解析を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ダブルクリックのMail配信とオムニチュアのWeb解析を連携


掲載日:2008/09/16


News

 ダブルクリック株式会社とオムニチュア株式会社は、ダブルクリックのメール配信ソフトウェア「ClickM@iler」/ASPサービス「ClickM@iler.jp」を、オムニチュアの統合マーケティングプラットフォーム「Omniture Genesis」の統合アプリケーションとして、10月より提供する。

 「ClickM@iler」は、カレンダー形式の配信管理画面による優れた操作性に加え、メールマガジン登録フォームや、ユーザ企業のドメインでの配信、配信結果と属性のクロス分析などの機能を備えたメール配信ソフトウェア。既存のDBと連携させたオーダーメイドシステムを構築することができる。ASPサービスの「ClickM@iler.jp」は、コストを抑えてメール配信を開始することができる。

 「Omniture Genesis」は、ウィザードに従って簡便な設定を行なうことでオンラインマーケティングアプリケーションの連携を可能とするプラットフォーム。統合作業が不要で、マーケティング施策を横断したデータ共有と効果測定、レポート作成、動的な訪問者セグメンテーション/ターゲティングが可能となる。

 今回の統合により、ドラッグ&ドロップと簡便なウィザード設定で「ClickM@iler」とWeb解析ソリューション「Omniture SiteCatalyst」を連携することができる。「ClickM@iler」は、オプションの“スポットライト機能”で、配信したメールのコンバージョン(成果率)を測定できるため、今回の統合により、コンバージョンに至るまでのWebサイト内動線や離脱状況などを把握することができる。

 メールキャンペーンデータとWebサイトの解析データを単一のダッシュボードに統合して包括的にレポートできるほか、メールキャンペーンデータとWebサイト上の訪問者行動データを連携することで、開封率やクリックスルー率に加え、売上額やコンバージョン数などの指標でメールキャンペーンの効果を測定することができる。また、商品閲覧/購入履歴などWebサイト上の行動データに基づいた訪問者セグメントを動的に作成できるため、購入意欲があるにもかかわらず購入に至らなかった顧客層に対してリマーケティングを実施するなど、より効果的なメールキャンペーンが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他メール関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他メール関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他メール関連」関連の製品

メールワイズ on cybozu.com 【サイボウズ】 Outlook階層型アドレス帳 【テックインフォメーションシステムズ】 メール配信システム MailPublisher Smart Edition 【エクスペリアンジャパン】
その他メール関連 その他メール関連 その他メール関連
社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 指定された書式で記述された外部アドレス帳ファイルを取り込み、該当する組織に属したユーザーをツリー状に一覧表示して、メールの宛先/CC/BCCに設定するツール。 多機能・高性能ながらもシンプルな操作性。APIによる柔軟な連携も可能。ECサイトをはじめ累計5300超の導入実績、月間配信実績51億通の国内トップシェア※のメール配信ASP。

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023563


IT・IT製品TOP > メール > その他メール関連 > その他メール関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ