日本CA、ID管理ソリューションの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本CA、ID管理ソリューションの新版を出荷


掲載日:2008/09/16


News

 日本CA株式会社は、統合アイデンティティ(ID)/アクセス管理製品群「CA Identity and Access Management r12」(CA IAM r12)の第1弾として、企業や組織のユーザID管理を効率化し、コスト低減とコンプライアンス対応を支援するID管理ソリューションの新版「CA Identity Manager r12」を、出荷した。

 「CA IAM r12」は、IDライフサイクル管理に加え、アクセス管理や権限の委譲管理、フェデレーション(連携)、レポーティング、統合されたワークフローにより、プラットフォームに無関係に、社内外のユーザに対してサービスを効率的/安全に提供可能とする製品群。今回出荷された「CA Identity Manager r12」は、組織におけるユーザのIDを、役割や権限に基づいて効率的に一元管理可能とする。基幹システムやDB、Webアプリケーションまで、様々な企業システムにおけるIDと権限情報の管理を自動で行ない、管理者の負荷の軽減と、コンプライアンスへの対応を支援する。

 ユーザプロビジョニング機能が強化され、ユーザの役割に応じてIDを登録/変更/抹消できるほか、セキュリティ機能も強化され、IPv6と米国の暗号モジュールのセキュリティ要件に関する規格“FIPS140-2”に準拠している。Web GUIを採用し、各機能をタブでグルーピングすることで操作性を向上させている。コネクタSDK(ソフトウェア開発キット)の強化により、Javaでの開発が可能となり、開発工数の削減を支援する。また、ID管理のための各種レポートを提供し、より効率的な管理とコンプライアンス対応を支援する。製品のすべての機能をWebサービスとして利用できるため、既存のアプリケーションやWebシステムなどと連携することができる。

 同社は今後、OSアクセス管理ソリューション「CA Access Control r12」や、Webアクセス管理を行なう「CA SiteMinder Web Access Manager r12」などを、2009年の年初より順次発表する。「CA Identity Manager r12」は、「CA Access Control r12」と連携することで、特権ユーザの制御などOSレベルでのアクセス管理を可能とするほか、「CA SiteMinder Web Access Manager」と連携することで、シングルサインオンやIDフェデレーションを可能とする。また、企業のセキュリティデータを収集/保存する監査管理システム「CA Audit」との連携により、コンプライアンス対応を支援する。


出荷日・発売日 2008年9月11日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは 【日本マイクロソフト株式会社】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣 【日本マイクロソフト】 Entrust Datacard -AUTHENTICATION CLOUD SERVICE 【エントラストジャパン株式会社】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
デバイス・ID管理の問題を解決しなければ、働き方は改革できない 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣 狙われる“ID”――クラウド環境で急増するアプリIDをどう守る? デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023561


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ