PCC、PC不要でSkype通話が可能なワイヤレスフォンと専用APを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCC、PC不要でSkype通話が可能なワイヤレスフォンと専用APを発売


掲載日:2008/09/16


News

 パナソニックコミュニケーションズ株式会社は、インターネットを利用した通話が可能なSkypeをPC不要で利用でき、同社製音声会議ホンとの連携などビジネスを支援する機能を搭載したSkype対応ワイヤレスフォン「KX-WPA300」と専用AP(アクセスポイント)「KX-WPA302」を、10月7日より発売する。価格は、各4万4100円(税込)となっている。

 「KX-WPA300」は、Skypeに対応した、IEEE802.11b対応の無線LAN音声端末。Skypeユーザ同士であればPC不要で無料通話できるほか、Wi-Fiコミュニティ“FON”のアクセスポイントに接続すれば屋外でも利用することができる。また、IP音声会議ホン「KX-NT700N」など同社製の音声会議ホンを接続することで、無線LANでインターネットに接続できる環境があれば場所を問わず電話会議を行なうことができる。バイブレータ機能の搭載により、会議中などでも着信音を鳴らさずに着信を確認できるほか、スピーカホンを搭載しているため、ハンズフリーで通話が可能となっている。

 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社のIP電話サービス「FUSION IP-Phone」に対応しており、Skypeによる通話を「FUSION IP-Phone」に転送することで050番号の発着信を可能としている。「FUSION IP-Phone」の加入者との通話は無料で、一般の電話番号への通話も廉価となるほか、月々の請求書での後払い方式のため法人ユーザの利便性に優れている。

 「KX-WPA302」は、幅148mm×奥行き51mm×高さ33mmとコンパクトな、IEEE802.11b/g対応のルータ機能付きアクセスポイント。最大4台の「KX-WPA300」を収容でき、WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2などの無線LANセキュリティにも対応している。接続設定やセキュリティ設定も同製品と「KX-WPA300」の容易な操作で登録することができる。更に、「KX-WPA300」4台を含む最大8台の無線LAN機器を同時接続できるため、オフィスのグループ単位でのアクセスポイントとして使用することができる。


出荷日・発売日 2008年10月7日 発売
価格 4万4100円(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】
無線LAN 無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか?

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023553


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ