ナナオ、環境と作業者への負荷を低減する24.1型液晶モニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ナナオ、環境と作業者への負荷を低減する24.1型液晶モニタを発売


掲載日:2008/09/16


News

 株式会社ナナオは、環境と作業者への負荷を低減する24.1インチ(61cm)カラー液晶モニタ「EIZO FlexScan EV2411W」を、10月16日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「EIZO FlexScan EV2411W」は、バックライトに白色LED(発光ダイオード)を採用したカラー液晶モニタ。CCFL(冷陰極管)を採用した従来機種に比べ、出荷時設定で約52%の省電力を達成しているほか、水銀不使用のため廃棄時の環境負荷を小さくすることができる。“Auto EcoView”機能を搭載し、ボタン操作で同機能を起動することで、周囲の明るさに合わせてモニタの明るさを調整でき、目の負担軽減や、疲れ目による作業効率低減の緩和、消費電力の削減を可能とする。“EcoView Index機能”も搭載し、ボタン操作によりモニタの明るさ設定に応じた省電力の割合がインジケーターで表示されるため、常に省電力の度合いを意識でき、利用者に消費電力の削減を促すことができる。

 モニタが一定時間非使用となると“待機モード”や“Power Saveモード”に移行することで消費電力を低減できるほか、モニタ部裏面にある1次電源をオフにすることで消費電力を0Wとすることができる。11月にネットワーク用電源管理ソフトウェア「EcoView NET」(Windows Vista対応)が無償配布される予定で、同ソフトウェアを利用することで、クライアントPCから、複数台の同社製液晶モニタの電源や画面の明るさ設定を一括で調整でき、組織単位での消費電力削減を支援する。

 PC作業時の休憩時間の確保を支援する同社のソフトウェア「EyeCareユーティリティ」を利用でき、一定時間ごとに休憩メッセージを伝える“EyeCare Reminder”と、使用時間を記録する“EyeCare Recorder”により、適正な休憩を促し、長時間の連続したVDT(Visual Display Terminal)作業による能率低下を防止することができる。適切なモニタ位置に調整できるスタンドの採用により、肩/首や目の疲れを軽減することができる。また、表示画像に応じてボタン操作で適切な表示モード(輝度/ガンマ/色温度)を選択できる“FineContrast”機能を搭載し、Windows Vista対応の“Auto FineContrast機能”を使用することで表示設定を自動的に切り替えることができる。第3者機関の各種環境基準に適合していることに加え、同社の環境基準“EIZO Eco Products 2009”にも適合した低環境負荷設計が採用されている。


出荷日・発売日 2008年10月16日 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023552


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ