ネットアップ、ストレージ仮想化専用システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットアップ、ストレージ仮想化専用システムを提供


掲載日:2008/09/11


News

 ネットアップ株式会社は、他社製ストレージ製品をネットアップのストレージ専用OS「Data ONTAP」で統合管理し、異機種混在環境での一元管理を容易にするストレージ仮想化専用システム「V」シリーズの提供を、開始した。最小構成時の参考価格は、1120万7000円からとなっている。

 「V」シリーズは、他社製ストレージのボリュームを認識し、「Data ONTAP」のストレージプールに組み込む機能を備えた製品。他社製ストレージのヘッドユニットとして搭載することで、一元的な管理を可能とする。接続できるストレージの容量とパフォーマンス要件に応じて、最大1176TBまで管理可能な「V6000」シリーズと、最大840TBの「V3100」シリーズ、最大504TBの「V3000」シリーズで構成されている。NAS接続に加え、SAN/iSCSI(インターネットSCSI)接続にも1台で接続可能なマルチプロトコルに対応し、他社製のストレージが混在した環境で、用途や環境に応じてデータアクセス方式を組み合わせたストレージ環境の構築と一元管理を可能とする。

 同製品により、仮想化されたストレージ容量を柔軟に拡大/縮小できる“FlexVol”技術や、重複排除機能(Deduplication)などを既存の他社製ストレージでも利用可能となる。また、「V」シリーズを組み合わせることで、異機種混在の環境でもプライマリ環境から重複排除機能が利用可能となるため、セカンダリ環境やアーカイブ環境での重複排除を実施した場合に比べ、余剰なストレージ容量を低減し、運用にともなうストレージの消費電力や冷却コストの削減を図ることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

総合的なサポート能力の高さで安心して使うことができるHCI製品 【ヴイエムウェア+他】 ハイパーコンバージド製品選び、定番ラインアップをチェック 【テクマトリックス】 ハイパーコンバージド徹底解説 話題のNutanixを支える技術の全て 【日商エレクトロニクス】 HCIでユニークな特徴を持つ製品「Cisco HyperFlex Systems」 【シスコシステムズ+他】 Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較 【日商エレクトロニクス】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
メリットは理解しながらもサポートが心配でハイパーコンバージドインフラに踏み出せない。企業のそのような悩みを解決する製品が注目されている。そのサポート力とは? ニーズに合わせて選ぶハイパーコンバージド製品、定番ラインアップをチェック 「ハイパーコンバージド」徹底解説――話題のNutanixを支える技術の全て クラウド化や自動化など、高効率なIT運用を目指す際の強い味方、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)。数ある製品のうち、選ぶべきはどれか? 仮想化のプロ達に聞く。 Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023526


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ