キヤノン、12色/8色顔料インクのA1ノビ対応プリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、12色/8色顔料インクのA1ノビ対応プリンタを発売


掲載日:2008/09/11


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、A1ノビ(24インチ)用紙サイズに対応した大判インクジェットプリンタで、12色顔料インクの「imagePROGRAF iPF6200」と8色顔料インクの「imagePROGRAF iPF6000S」を、発売した。価格は、「iPF6200」が35万8000円、「iPF6000S」が29万8000円となっている。

 「iPF6200」はA1サイズのコート紙に約2.1分(標準モード)、「iPF6000S」は約1.1分(標準の速度優先印刷モード)で印刷できるインクジェットプリンタ。両製品とも、sRGB(standard RGB:色空間の国際標準規格)モニタからハイエンドなAdobe RGBモニタまで様々な種類のモニタで、モニタ上の表示色と印刷の色合わせが可能な“モニターマッチング”機能をプリンタドライバに搭載している。同機能は、汎用アプリケーションソフトを使用した場合にも利用でき、効率的な色調整作業を行なうことができる。Windows版が標準搭載されるほか、11月上旬にMac OS版への対応も予定されている。

 Windows版のWord/Excel/PowerPoint(Office2000以降)で作成した文書や図を大判サイズに印刷できるプラグインソフト“Print Plug-In for Office”が用意されている。ツールバーのアイコンをクリックしていく容易な操作で、Excelの図表を用紙の幅に合わせて自動的に1枚に収めて印刷できるほか、WordやPowerPointの原稿を拡大して垂れ幕や横断幕を印刷できるなど、大判印刷の快適な出力を支援する。Word向けが同梱されるほか、Excel/PowerPointには10月下旬の対応が予定されている。また、ポスターを容易に作成できるソフトウェア「PosterArtist 2008 Lite」が同梱されるほか、別売のポスターオートデザインソフトウェア「PosterArtist 2008」も用意されている。

 本体に80GBのHDDを搭載し、PCからの印刷ジョブデータをHDDに保存できるため、PCの占有時間を短縮でき、出力順序も容易に変更できるほか、エラー発生時の印刷データ再転送が不要となっている。HDD内に保存されたデータは、米国防総省“DoD5220.22-M”準拠の完全性に優れた方法で消去することや、印刷時にHDD内にジョブデータを残存しないように設定することができる。「iPF6200」は、“ICCプロファイル”の提供(9月中旬)とプリンタドライバの無償バージョンアップ(11月上旬)での対応により、写真印刷の際、更になめらかな階調性と自然な色表現が可能となる予定。


出荷日・発売日 2008年9月10日 発売
価格 「iPF6200」:35万8000円、「iPF6000S」:29万8000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023522


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ