キヤノン、カラースキャナ搭載のモノクロ複合機6モデルなど発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、カラースキャナ搭載のモノクロ複合機6モデルなど発売


掲載日:2008/09/10


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、カラースキャナを搭載したオフィス用モノクロ複合機3機種6モデル「imageRUNNER iR3245/3245F/3235/3235F/3225/3225F」を、9月中旬より発売する。また、大量出力に対応するモノクロレーザプリンタ「Satera LBP4500」を、10月上旬より発売する。

 今回発売される製品は、いずれも幅565mmとコンパクトで、7.5インチTFT(薄膜トランジスタ)カラー液晶タッチパネルを採用し、操作性を向上させている。リアル1200dpiの印刷が可能で、不正アクセスや通信内容の覗き見などを防止するIEEE802.1xやIPSecに対応するなどのセキュリティ機能も備えている。また、印刷時のみ定着部を即座に昇温する“オンデマンド定着方式”の採用により、ネットワーク接続時でも1Wの待機時消費電力と、約10〜16秒の迅速な立ち上がりを両立させている。様々なオプションにより、最大5655枚の給紙と2000枚の大量排紙が可能となっている。機能拡張プラットフォーム“MEAP”を搭載しており、専用の“MEAP”アプリケーションソフト(別売)をインストールすることで、業種や業態に合わせて機能を拡張することができる。

 「iR3245F/iR3235F/iR3225F」は、コピー/プリンタ/FAX/カラースキャナ/ネットワークなどの機能を搭載した複合機。「iR3245/iR3235/iR3225」はコピー機能に特化し、オプションでプリンタ/FAXに対応する。「iR3245/iR3245F」は毎分45枚、「iR3235/iR3235F」は35枚、「iR3225/iR3225F」は25枚(いずれもA4ヨコ)の出力が可能となっている。カラースキャナによりカラー画像を電子化できるほか、オプションでメール送信やコンピュータのフォルダに送ることができる。また、FAXを3回線まで増設して同時に利用することができる。

 「LBP4500」は、毎分45枚(A4ヨコ)の出力が可能なA3対応のモノクロレーザプリンタ。帳票印刷用のソフトウェア「imageWARE Form Manager」など、オフィス用複合機やプリンタの機能を引き出すソフトウェア「imageWARE」シリーズを使用して、基幹アプリケーションとトータルなシステム環境の構築が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023505


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ