ソニー、大きなボタンと液晶を搭載したICレコーダーなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、大きなボタンと液晶を搭載したICレコーダーなどを発売


掲載日:2008/09/09


News

 ソニー株式会社は、液晶画面や録音/再生などの操作ボタンを大型化したICレコーダー「ICD-AX70」と、本体にUSB端子を搭載しケーブル不要でPCと直接接続できるICレコーダー「ICD-UX」シリーズを、10月21日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「ICD-AX70」は、大型化された液晶画面により残り時間や時計表示、メニューなどをわかりやすく表示できるICレコーダー。使用頻度の高い録音/再生ボタンに押しやすくクリック感のある大型ボタンを採用し、テープレコーダー感覚で容易に操作できるほか、録音/再生中に光るため容易に動作状況を確認することができる。また、大口径ステレオマイクを内蔵し周囲の音声を鮮明に録音でき、内蔵1GBメモリによりステレオ長時間モードで48時間、モノラル長時間モードで約288時間録音することができる。

 スタンドを本体背面に内蔵しており、マイクに角度を付けて集音効果を向上させるほか、机などの設置面からのノイズも低減することができる。接続方法やダビングの操作を図解した“簡単ダビングガイド”が付属し、付属のオーディオケーブルをテープレコーダーと接続して容易にダビングすることができる。録音したファイルごとに“保護機能”を設定でき、録音内容の誤消去を防止する。電気回路の工夫と省電力ICの採用により、単4形アルカリ乾電池2本で約65時間の連続録音を行なうことができる。“DPC(デジタルピッチコントロール)機能”も搭載し、音程は自然なまま再生速度を2分の1倍速から2倍速まで21段階で調整することができる。

 「ICD-UX」シリーズは、USB端子を内蔵しPCに直接接続できるICレコーダー。容量4GBの「UX91」、2GBの「UX81」、1GBの「UX71」が用意されている。MP3形式で録音するため、特別なソフトウェア不要でドラッグ&ドロップで容易にWindowsやMacintoshなどのPCに転送することができる。録音時に300Hz以下の低い周波数帯域を自動で低減する“ローカットフィルター”を備え、プロジェクタやエアコンなどのノイズを抑えて鮮明に録音することができる。また、人の声の帯域以外の高域/低域のノイズを低減して再生し、人の声を聞き取りやすくする“ノイズカット機能”も装備している。付属の単4形ニッケル水素充電池は本体でUSB充電でき、使用の合間などにPCに接続して充電することができる。再生スピードを変えられる“DPC”機能も搭載している。


出荷日・発売日 2008年10月21日 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023485


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ